結婚するなら結婚式を挙げるのが一般的ですが、再婚の場合は一度結婚式を挙げているため、「再婚での結婚式はどうなのかな?」なんて悩んでしまいますよね?

もちろん、二人のための結婚式なのですから、二人が挙げたいと思えば挙げた方がいいです。しかし、再婚での結婚式は気をつけるべきことがあるのもまた事実。親族や友人から迷惑と思われないようにしなくてはいけません。

そこで今回は再婚で結婚式を挙げる際の注意点を紹介します。

スポンサーリンク

祝われて当然ではない

再婚での結婚式で、まず意識しなくてはいけないことはこれでしょう。もちろん、初婚でも「祝われて当然」と思うのは褒められたものではありませんが、初婚ならばまだ許されます。人生一度の結婚式ならば、祝ってあげるのは当然と思う人は多いですからね。

しかし、再婚はそうではありません。一回目の結婚式に呼んでいない人はまだしも、今回が二回目という人からすれば、「正直、行くのがめんどくさい」というのが本音でしょう。

特に女性は髪の毛のセットから、着ていく服のことなど時間もお金もかかります。ましてや遠方なら、さらに交通費や宿泊費がかかることもあり、その負担は小さくありません。

そのため、祝われて当然という意識は捨てて、「もし、来てくれるなら嬉しい」という心構えでいてください。間違っても、「自分の幸せを祝ってくれないの?」という気持ちを出してはいけませんよ。

祝儀は受け取らない方が無難

再婚での結婚式の場合、祝儀は受け取らない方が無難です。先ほど紹介したように、結婚式は来るだけでも結構な負担があります。それだけでも大変なのに祝儀も必要となれば、「なんで二回もあげないといけないの?」と思われても仕方がありません。

事実、二回目の結婚式に呼ばれた人同士で、「祝儀はどうする?」という会話が生まれることは多いです。こんな会話をされるのは、自分にとってもゲストにとってもいいことではありません。

そのため、結婚式に誘う際には、「祝儀はいらないから」と伝えておくといいでしょう。また、招待状などにもしっかり記載しておくとより安心してもらえます。もちろん、結婚式の費用の負担は増しますが、「来てくれるだけありがたい」と割り切って考えてください。

結婚式のプランは二人に合ったものにする

初婚ならば、一般的な結婚式が多いですが、再婚の場合はそれにこだわる必要はありません。再婚ということでゲストに気を使いすぎてしまうぐらいなら、気を使わないような結婚式にするのも一つの手です。

  • 海外挙式
  • カジュアルウエディング
  • お互いの家族だけで式を挙げ披露宴はなしにする

このように、結婚式には色んな形があります。もちろん、それぞれ一長一短がありますので、二人でどれが自分達に合っているのかは、しっかり考えなくてはいけません。しかし、少なくともこれらなら、ゲストにどう思われるかという問題は解決できます。

また、お互いのゲストの数を調整したりする面倒もなくなります。もっとも、相手が初婚だった場合は、相手の両親が普通の結婚式を挙げて欲しいと願うこともあるため、そこには気を使わなくてはいけません。

スポンサーリンク