彼氏と喧嘩になって、デートが最悪な雰囲気で終わる・・。考えただけでも、げんなりしますよね。せっかく付き合っているのだから、なるべく喧嘩をせずに仲良く過ごしたいものです。

世の中には「よく喧嘩するカップル」と、「ほどんど喧嘩しないカップル」が存在します。一体何が違うのでしょうか?今回は、喧嘩しないカップルの特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

1.言いたいことを我慢せずに言い合える

付き合っていると、彼氏の悪いところも見えてきます。直してほしいところや不満を黙っていれば、その場では喧嘩になりません。しかし、言いたいことを我慢しているとストレスが溜まるし、いつか爆発して大喧嘩になってしまいます。

逆に不満などを我慢せずに、言いたいことを素直に言い合えるのが喧嘩しないカップルの特徴です。

良い関係を築くのに大切なのは、本音を素直に打ち明けること。勝手に我慢してストレスを限界まで溜めて、いざ本音を告げる時にきつい口調になっては喧嘩になるだけです。

なるべく柔らかい口調で彼を思いやりつつ、言いたいことを言うのが大切なんですね。

2.ユーモアを交えて伝えられる

ユーモアはコミュニケーションをスムーズにします。「〇〇くんのここを直してほしいな」というのを喧嘩口調で言うのか?ユーモアを交えて言うのか?相手が受け入れやすいのは、ユーモアを含んだ言い方ですよね。

また、喧嘩口調で言うよりも笑いを交えて言うことで、自分の気持ちも少し和らぐものです。

遅刻癖がなかなか直らない彼なら、敢えてぶりっ子口調で「もう!いつも遅刻ばっかりで泣いちゃうぞ!プンプン」とポーズ付きで言ってみたり・・。こうすれば深刻な調子にならず、冗談っぽく彼に気持ちを伝えることができます。

笑いを交えてだと、「彼氏が真剣に考えてくれないかも・・」という不安もあるかもしれません。それでも、「なるべく和やかに面白く伝えよう」という気持ちが心の余裕を生むのです。

3.「男は所詮いつまでたっても子供」と彼女が心得ている

たとえ大人になっても、男はいつまでも子供の心を持っているものです。また、同い年の男女であっても、どうしても女性の方が精神年齢が高くなりがちなんですね。そんな中で、「男は結局子供なんだ」と思っておくと喧嘩になりづらいです。

例えば真剣に話し合いたい時も、彼氏がなぜか茶化してきてイラっとした経験はありませんか?また、思わぬところで彼が意地を張り出して、びっくりしたという人もいるかもしれません。

真剣な話し合いなのに茶化してきたり、変に意地を張ったり・・。こんな男の行動も、「男はいくつになっても、小学生男子みたいな心を持ってるものなんだ」と思っていれば、そこまでイライラしません。

女性の方が大人になって「はいはい」と流せるのが、喧嘩しないカップルの特徴です。

スポンサーリンク