友達だと信じてたのに、ふとした瞬間に女の友情の薄っぺらさを感じたことはありませんか?

多くの女性が信頼していた女友達からあっさり裏切られ、「友達と思ってたのに!」と心の中で怒り狂った悔しい経験をしたことがあると思います。

今回は女の友情はないと感じる瞬間を紹介します。あなたが経験したことは何個ありますか?

1.友達の彼氏と平気でいちゃつく

友達が自分の彼氏の前でぶりっ子しだした時は、女の友情なんてないと思う瞬間です。

仲の良い友達に彼氏ができたことを伝えると、「おめでとう!よかったね!今度紹介してね。」なんて感じよく言われたので、後日彼氏を一緒に連れて行くと見るからにぶりっ子・・。

自分の彼といちゃつき始めた友人にイライラした経験のある方は意外と多いでしょう。信頼して紹介した分、そんな一面を見ると何とも言えない気持ちになると思います。

  • 「筋肉すごいね!」とやたらボディタッチが多い
  • 耳元で内緒話
  • すぐに連絡先を交換しようとする

友達の彼氏だろうが関係なく、男性を前にするとチヤホヤして欲しい!いちゃつきたい!と女モードに入ってしまう女性もいるので注意が必要です。

2.男性の前では性格が変わる

女友達の性格が男性の前で急に変わるのを見てしまった時も、「女の友情なんてないな・・」と思う瞬間です。

女性だけで集まっている時は普通の話し方なのに、男性が現れると急に声のトーンが上がってぶりっ子。それだけなら多少イライラしても自分に害はないので問題ありません。

しかし、自分を可愛く見せるために必要であれば、他の女性を男性の前でおとしめたり、自分より悪く見せるように仕向けるようだと話は変わってきます。

他の男性の前で、あなたのことをはずかしめるようなことを平気でする女性・・。とてもじゃないですが友達として信頼できないでしょう。

3.友達の幸せを素直に喜べない

時々いるのが、周りの女友達に起きる幸せを素直に喜べない人。今まで仲良くしていた友達が結婚や出産など、おめでたい報告をしてくると嫉妬して嫌味を言ったり、あからさまに意地悪な態度をとる女性もいます。

他人の幸せを素直に喜んで祝福できない女友達の姿を見ると、友情の薄っぺらさを実感させられます。

RECOMMEND PR