不倫はいけないことと分かっているけど・・。このように罪悪感を持ちながらも不倫をやめられない女性は多いです。もちろん、不倫は普段の生活とは違い刺激的で楽しいことは間違いありません。

しかし、それに流されて不倫を続けていては、いつかきっと大切な家庭を壊してしまいます。こんなリスクも罪悪感もある不倫ですが、男女ではその感じ方に違いがあるのか気になりますよね?

そこで今回は男性と女性の不倫に対する罪悪感の感じ方の違いを紹介します。男女の違いを知れば、きっと不倫をやめれますよ。

スポンサーリンク

そもそも男性は不倫に罪悪感を感じていない?

不倫を一度してしまったり継続中であれば、罪悪感に悩んでしまう女性は多いですが、男性もそうとは限りません。もちろん、個人差があるため、男性であっても罪悪感に悩む人もいます。逆もまたしかりです。

ただ、「男性=不倫に罪悪感を感じにくい」「女性=不倫に罪悪感を感じやすい」のが一般的と言えるでしょう。これは恐らく、男女の不倫に対する考え方の違いから生まれます。

  • 男性の不倫は欲望からくるもの
  • 女性の不倫は精神的な不倫

このように、男性は性欲を満たすために不倫しているので、パートナーを裏切るというよりは性欲を処理している感覚の方が強いのでしょう。そのため、罪悪感を感じることはありません。

一方、女性は精神的に満たされるために不倫をしているため、パートナーを裏切っているように思ってしまいます。「こちらが罪悪感を感じてまで不倫していたのに相手は・・」なんてことにならないように、不倫はやめるのが賢明です。

男性は同時進行だから罪悪感を感じにくい

これも罪悪感の感じ方の違いを生みます。不倫している男性には、不倫相手だけでなく妻とも関係を持っているということが少なくありません。家ではよき父であり、よき夫なのです。

このように、家庭では自分の役割をしっかり果たしているため、「外で不倫ぐらいしても別に悪いことではない」なんて思っています。

また、不倫はあくまでも不倫として考えているケースが多く、家庭が壊れるぐらいなら簡単に不倫相手との関係を切ることができます。

一方、女性は違います。よき母であることはまだしも、よき妻となるとそうはいきません。感情的には完全に不倫相手のことが好きになってしまい、旦那には触られるのすら嫌なんてこともあります。この違いが罪悪感を生んでしまうのです。

男性にとって不倫は一種のステータス

女性が不倫している場合、当然そのことは隠しますよね?例え、誰かに話すにしても本当に信頼のおける友達に相談するぐらいが普通です。自慢するようなことではありませんからね。

しかし、男性は誰かれ構わず自慢するかの如く不倫していることを話します。そして、時には不倫相手の情報や、不倫相手をどうやって作ったかなどもベラベラ喋るのです。

スポンサーリンク