会社の上司と不倫をしていた場合、何とか別れても社内に元彼がいるので、どうしても関係を断ち切ることが難しいですよね。気付いたら関係を完全に断ち切ることができずに、何年もくっついたり離れたり・・。こんなことでは婚期を逃してしまいます。

今回は社内不倫が復縁しやすい理由を7つ紹介します。泥沼不倫から抜け出したい方必見です!

スポンサーリンク

1.社内の飲み会がある

「こんな恋愛ダメだ!距離を置かないと・・」せっかく決意をして不倫相手と別れても、同じ会社だから毎日会わなければいけない・・。また、会社の飲み会でお酒が入り、酔った勢いで・・なんてこともあるかもしれません。

相手の事が嫌いになっていなければ、「この後二人で飲みなおそうよ」なんて言葉にうなずいてしまいそうですよね。お酒が入るとどうしても理性が失われてしまいます。心に決めたことが守れないこともあるでしょう。

職場の飲み会を欠席できなければ、二次会に行かずに速やかに帰りましょう。当然、元彼の誘いにのってはいけません。また、お酒は控えめにすることも忘れないように。

2.社内で二人だけの秘密を共有している

社内不倫は当然周りにバレないように内緒にしますよね。関係を解消した後も、二人だけの秘密を共有していることになります。

秘密を共有している相手を、特別な存在に感じてしまうのが人間です。何かきっかけさえあれば元に戻ってしまう可能性が非常に高いのです。

社内不倫は関係を解消後も秘密の共有が継続されるため、秘密の共有から生み出される心理を恋愛に生かす方法にもあるような恋愛心理が自然に働きます。これに打ち勝つには、相当な覚悟が必要だと覚えておきましょう。

3.お互いが嫉妬しやすい環境

会社によって男女比はもちろん違いますが、他の男性も女性もいますよね。同じ会社だと当然、元不倫相手が他の女性と仕事とは言え接点を持っている現場を見てしまうことになります。仲が良さそうな場面に遭遇することもあるでしょう。

不倫というのは関係が悪化したから関係を解消するだけではありません。不倫に罪悪感を感じたり、普通の恋がしたいなどの理由で、どちらかが不倫関係に終止符を打つこともありますよね?

もし気持ちが残っていた場合、異性と仲良くしている場面を見て嫉妬してしまうのは仕方がないことです。これが泥沼不倫の原因になるのです。

4.男性からしたら元カノ感覚

元彼に久しぶりに会ったら、付き合っていた時のように接してきて「えっ何勝手に触ってんの?」とイラッとした経験は一度はあると思います。

男性は別れた後も『自分の女』という意識が少なからず残っているものです。これは女性には理解しがたい考えですが、大なり小なり多くの男性に言えることです。

不倫もいわば彼女のようなものです。関係が解消されても、相手の男性が元カノ感覚で接してくることもあるでしょう。相手から別れを切り出された場合でも、急にあなたを求めてくることも・・。

スポンサーリンク