最近は身近な場面でグローバル化という言葉が頻繁に使われるようになってきましたね。それと同時に、日本国内にいても街を歩けば多くの外国人の方々を見かけるようになりました。

言葉や文化の違いを超えて海外の人たちと友達になるのは、自分自身の視野も広がりとてもいいことです。しかし、どうやって外国人と接していいのかわかない方も多いと思います。

今回は外国人のお友達が欲しいと思っている女性のために、外国人と仲良くなるコツを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.目があったら笑顔で挨拶してみる

外国人と友達になりたいと思っても、なかなか出会う機会がないと嘆いている女性も多いのではないでしょうか?また、街で外国人をよく見かけはするものの、どういうきっかけで話し始めればいいのかと疑問に思っている人もいると思います。

外国人の友達が欲しいのならば、積極的に気軽なノリで挨拶して相手の注意を得ることが初めの一歩ですよ。

外国では、知らない人に対しても目があうと「Hi.」や、「How are you doing?」などの軽い挨拶を交し合うのが普通です。ですので、次回外国人と目があったりした時は、そのように笑顔で挨拶をしてみましょう。

しかし、日頃控えめの日本人女性から挨拶をされると「ナンパされている!」と勘違いしてしまう外国人男性もいるので気をつけましょう。できれば、友達になりたいなと思う外国人女性を相手に試してみたいテクニックです。

2.イベントなど出会いの場に積極的に参加する

通りすがりの外国人と偶然友達になるなんてことは、滅多に起こることではないですよね。今すぐ外国人の友達を見つけたいと思っている人は、積極的に海外の人との交流目的で開催されているイベントに参加するといいでしょう。

大使館のイベントや大学や会社主催のイベントだと、日本人女性との遊び目的で寄ってくる軽い外国人ではなく、交流や文化体験目的で参加している良識のある外国の方々との出会いが多いので安心です。

そのような場で出会って親しくなった外国の人たちとは、その場だけではなく、イベント後も長く親密な友人関係を築いていける傾向があります。ぜひ積極的にイベントに参加して、交流の場を広げたいものです。

3.英語に自信がなくても自分のできる範囲で話してみる

日本人にありがちなのが、せっかく外国人と知り合っても自分の英語力に自信が持てなくて恥ずかしがり、黙ってしまうというパターンです。

しかし、外国人からすると母国語でもない英語で一生懸命コミュニケーションを取ろうとしている日本人の姿は、とてもすごいなと関心されていることが多いのです。

実際に「僕は僕の母国に訪れてる日本人に出会ったからといって、日本語でコミュニケーションを取ろうなんてできない。だけど、日本人は日本に来た外国人のために、一生懸命英語を使って話そうとするから関心するよ」なんて意見もよく耳にします。

外国人も日本人が英語を完璧に話せるなんて全く思っていません。そのため辞書を片手に片言の英語であったとしても恥ずかしがらず、積極的に使ってみるのが外国人との距離を縮めるコツですよ。

4.恥ずかしがらずに「積極的」を心がける

外国人から見ると日本人はよく、「シャイで控えめな性格」とみられることが多いようです。よく「日本人は恥ずかしがりすぎて、何を思っているのかがわからない・・」という外国人の声を耳にします。

恥ずかしがっている日本人の態度は、場合によっては外国人からすると、「私のことが好きじゃないのかも・・」と勘違いされてしまうこともあります。

滅多に交流のない海外の人を目の前にすると焦ったり、緊張したりして言葉に詰まってしまうこともあるでしょう。しかし、そこは落ち着いて積極的に振舞うように心がけてください。

何にたいしても控えめで口数の少ない日本人と比べると、海外の人は男女ともに何に対しても積極的で熱心です。外国人と親しくなりたいのなら、まずは自分の積極性を磨くことが大切かもしれませんね。

5.説明できる程度の日本文化を知っておく

日本にくる外国人の中には、日本文化に興味があって多くの日本人と交流をしたくて訪れる人も多くいます。また、日本人が海外に留学する場合も日本に興味のある現地の人から、日本の文化を聞かれることが多々あります。

そのような日本文化などに興味がある外国人の多くは、日本人と積極的に友達になりたがっている人が多いです。

しかし、運よく日本に興味を持った外国人と出会えたとしても、あなたが日本文化をあまり知らずにモジモジと答えられずに困っていると、せっかくの外国人と会話して友達になれるチャンスも逃してしまいますね。

会話が弾まないと友達になれるチャンスもぐっと減ってしまいます。外国人と仲良くなるには、まずは自国である日本文化について知っておくことが大切です。そうすると会話の幅もぐっと広がりますよ。

6.自分の意見をはっきり言えるようにする

日本人は何かと他の人と違った意見を発して対立するのを避けようとする傾向にあります。それは私たちがグループ内の協調性と平和を保つことを大切にする民俗だからかもしれません。

素晴らしいことではありますが、外国人からすると「自分の意見をはっきり言えなさすぎだ」と解釈されることも多々あります。

アメリカなどの欧米系の国出身の外国人は、何かとディベートするのが好きです。自分の意見を相手に伝えて他者の意見にも耳を澄ました上で、論議しながらコミュニケーションをとる文化の中で育ってきたからでしょうね。

そのため、彼らからすると自分の意見を遠慮して遠回しにしか言わない日本人は、「自分を持っていない優柔不断な人」のように見えることもあるようです。場合にっては間違った印象を与えてしまったり、控えめすぎて相手を困らせてしまったりすることも・・。

外国人と友達になる場合は、相手が違った文化の中で育ってきたということを念頭に置いて、ある程度自分の意見をはっきり伝えることが良好な関係を築くコツですよ。

スポンサーリンク