最近は身近な場面でグローバル化という言葉が頻繁に使われるようになってきましたね。それと同時に、日本国内にいても街を歩けば多くの外国人の方々を見かけるようになりました。

言葉や文化の違いを超えて海外の人たちと友達になるのは、自分自身の視野も広がりとてもいいことです。しかし、どうやって外国人と接していいのかわかない方も多いと思います。

今回は外国人のお友達が欲しいと思っている女性のために、外国人と仲良くなるコツを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.目があったら笑顔で挨拶してみる

外国人と友達になりたいと思っても、なかなか出会う機会がないと嘆いている女性も多いのではないでしょうか?また、街で外国人をよく見かけはするものの、どういうきっかけで話し始めればいいのかと疑問に思っている人もいると思います。

外国人の友達が欲しいのならば、積極的に気軽なノリで挨拶して相手の注意を得ることが初めの一歩ですよ。

外国では、知らない人に対しても目があうと「Hi.」や、「How are you doing?」などの軽い挨拶を交し合うのが普通です。ですので、次回外国人と目があったりした時は、そのように笑顔で挨拶をしてみましょう。

しかし、日頃控えめの日本人女性から挨拶をされると「ナンパされている!」と勘違いしてしまう外国人男性もいるので気をつけましょう。できれば、友達になりたいなと思う外国人女性を相手に試してみたいテクニックです。

2.イベントなど出会いの場に積極的に参加する

通りすがりの外国人と偶然友達になるなんてことは、滅多に起こることではないですよね。今すぐ外国人の友達を見つけたいと思っている人は、積極的に海外の人との交流目的で開催されているイベントに参加するといいでしょう。

大使館のイベントや大学や会社主催のイベントだと、日本人女性との遊び目的で寄ってくる軽い外国人ではなく、交流や文化体験目的で参加している良識のある外国の方々との出会いが多いので安心です。

そのような場で出会って親しくなった外国の人たちとは、その場だけではなく、イベント後も長く親密な友人関係を築いていける傾向があります。ぜひ積極的にイベントに参加して、交流の場を広げたいものです。

3.英語に自信がなくても自分のできる範囲で話してみる

日本人にありがちなのが、せっかく外国人と知り合っても自分の英語力に自信が持てなくて恥ずかしがり、黙ってしまうというパターンです。

しかし、外国人からすると母国語でもない英語で一生懸命コミュニケーションを取ろうとしている日本人の姿は、とてもすごいなと関心されていることが多いのです。

実際に「僕は僕の母国に訪れてる日本人に出会ったからといって、日本語でコミュニケーションを取ろうなんてできない。だけど、日本人は日本に来た外国人のために、一生懸命英語を使って話そうとするから関心するよ」なんて意見もよく耳にします。

スポンサーリンク