おいしいご飯なら一人で食べても幸せを感じますが、共感してくれる相手がいた方が楽しいですからね。むしろ「おいしい食事」よりも「共感してくれる相手」がいることに幸せを感じるのかもしれませんね。

「目的」よりも「過程」、「過程」よりも「過程を共にする仲間」こう考えると仲間が一番大切なものだと分かります。仲間を大切にする男は人間的にも素敵ですね。

スポンサーリンク

7.家庭を持っている

「一体何のために頑張っているのだろう?」独身の方が、ふと思ってしまうことですよね。子供やお嫁さんを大切に思っていたら、こんなことで悩む心配はありません。

家族のため、子供のため、あなたのために頑張る・・。こんなことを思ってくれたら、あなたも幸せな気持ちになれますよね。男が幸せに感じる中に、あなたが入れるように頑張りましょう。

仕事ではつらいことの方が多いはずです。そんな時に心の支えになる存在がいれば頑張れます。人は誰かのために頑張る方が意外と簡単なものですからね。

また、世間的にも家庭を持っていると評価される風潮がありますよね。世間体を気にする男にとっては、家庭を持つことで幸せを感じることができるでしょう。

8.自由

全ての幸せを手にした男が最後に欲しくなるのが自由かもしれません。ただ、これは男の幸せというよりは願望に近いかもしれませんね。

  • 結婚しても自由な友達を羨ましく思う
  • 全てを捨てて旅に出たい
  • 今やりたいことをやりたい

このようにはっきり言えば無いものねだりなのかもしれません。ただ、定年退職後に好きなことをして生き生きとしている方がいるのも事実です。男の心はいつまでも少年なのかもしれませんね。

彼や旦那さんのストレスが溜まっているときは、自由にさせてあげるといいガス抜きになりますよ。

共感はできなくても理解する

女が知っておくべき男の幸せを8つ紹介しました。男と女では考えが根本的に違います。共感できないものは無理にする必要はありませんが、「男はこんな事を幸せに思うのだな・・」と理解ぐらいはしてあげましょう。

また、男が幸せに感じる事には女にもメリットがあることも多いですよね。うまくいい部分を享受できるといいですね。

スポンサーリンク