世の中には、女性というだけで不当な扱いをしてくる男性がいます。時代錯誤のようにも感じますが、まだ男尊女卑の男性は多くいるのが現実です。

しかし、女性としてこんな男性は見過ごすわけにはいきませんね。どうにか黙らせてやりましょう。そこで今回は女嫌いの男をぎゃふんと言わせる方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.その男性のできないことをする

どんなに偉そうにしている男性でも必ず弱点があります。まずは女嫌いで不当な扱いをしてくる男性を観察し、その男性の弱点を見つけましょう。

  • 実は運転が下手
  • パソコンに弱い
  • 虫が苦手
  • 苦手な上司がいる
  • 字が汚い

探してみるといくつか見つかるはずです。そしてその中から自分が得意なものをピックアップして、その男子を手伝うようにアピールするのです。

  • 車庫入れに困っているところで助けに入り、スムーズな運転で車庫入れ
  • パソコンに困っているところに「その表は私が作りますね」と言ってササっと作成
  • 虫が退治できないで困っているところに登場し、あなたが一瞬で退治
  • 苦手な上司の対応に困っているところに登場して、代わりに上手く対応
  • 字が汚い男性に代わり、あなたが代筆してあげる

普段見下している女性に助けられたことで、その男性はもう何も言えなくなるでしょう。

2.女性ならではの長所をいかす

女だからと不当に扱う男性には、女だからこそできることをして何も言わせなくしてしまいましょう。人にもよりますが、男性と女性を比べて女性の方が明らかに優れていることがいくつかあります。

料理や洗濯、整理整頓や掃除、細かい作業や計画性など。これらを男性に任せても、あまり器用に行うことはできません。そこで女を不当な扱いをしている男だからこそ、女が得意な部分で勝負するのです。

細かい作業が雑になっているその男性に「もう少し丁寧にやってください」と言って、女性の丁寧さをアピールしてみましょう。整理整頓ができてない男には、「本当に男性は整理できなくて困りますね」と言って整理してあげましょう。

女であることを卑下されないように、女が男より優れているところでどんどん勝利を収めてポイントを稼ぎ、何も言えないような環境を作っていくようにしましょう。

3.女性の武器で落とす

女嫌いと言っている男は、グチグチと女性の悪い部分を言っている人なのでしょう。「これだから女は・・」なんて言葉が口癖の人もいるかもしれません。

スポンサーリンク