あなたの近くにうざい男はいますか?うざい男が近くにいると疲れる毎日を送ることになり、イライラしてしまうでしょう。どのように接して良いかわからずにストレスばかりが溜まってしまいますよね。

うざい男の対応に悩んでいる方のために、今回はうざい男の特徴と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

1.自慢話ばかりする

うざい男の特徴として、自慢話ばかりしてくる男があげられます。そして何が一番うざいって、明らかな自慢話をだるそうに語ってくるところです。

  • 「俺この前なんて上司に呼び出されて、1時間も褒められたんだよ。勘弁してほしいよね。」
  • 「なんか知らない女から時々話かけられてさ。逆ナンっていうの?怖いよねー。」
  • 「うち実家が別荘あるから、いつも夏休みは別荘しか行かなくて飽きてるんだよね。」

これは『そんなことない!羨ましい!』待ちです。この言葉が欲しいがために自慢話を少し自虐的に伝えてくるのです。いちいち面倒でうざいですね。

自慢する男の対処法

ここで褒めてしまうと、その男は味をしめてしまいます。「この子は俺の話を感心して聞いてくれる」と認識され、ターゲットにされてしまいます。その後もうざい男からの自慢話は続くでしょう。

ここは興味なく、適当な相槌をするのが一番です。「あーそうなんだ」これで終了です。「この子は自慢しても褒めてくれない」とわかれば、それ以降あなたに自慢話をすることもなくなるでしょう。

2.自分大好きナルシストな男

自分のことが大好きで自分に酔ってしまっている男。痛くてうざいですね。

  • いつも鏡で自分チェックをしている
  • SNSに自撮り写真ばかり載せている
  • 自分が良ければそれでよく、自分がこの世で一番

このような自分大好きナルシスト男は、常に自分が話題の中心で一番輝いていないと不機嫌になります。

例えば、髪を切って爽やかなイケメンになった男性のことを皆で褒めていると許せなくなりません。すかさずマイナスになるような発言をしてくるでしょう。自分以外の人が褒められることが嫌なのです。

ナルシストは、わがままな子どものような男です。こんな男は一緒にいると本当にうざいですね。

ナルシスト男の対処法

ナルシストは自分が一番かっこよくて面白い男だと思っています。それは否定しない方が良いでしょう。だからと言って、褒めていると調子にのり王子のような気分になって偉そうな男に変身してしまいます。

スポンサーリンク