「男性が甘えるなんてありえない!」って人もいるかもしれませんが、意外に可愛く思ってる女性は多いです。今回はそんな甘え上手な男の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

1.素直に愛情をぶつけてくる

甘え上手な男は感情表現が素直です。普通はそんなにも言わない「愛してる」や「好き」という言葉を素直に伝えます。

本当は思ってないのに口先だけで言っているわけではありません。その時、本当に好きだと思ったから素直に言葉にするのです。自分が思ったことを口にできるのが甘え上手な男の特徴なんですね。

  • 「今日君に似た人を見かけて、嬉しくて近くに寄ったら違ったんだ。残念だったな~」
  • 「好きなんだ。ずっと。」
  • 「愛しすぎてどうしよう!」

このようなドン引きするセリフも、甘え上手な男が言うと自然に受け入れられるから不思議ですね。甘え上手な男は、欧米人のような大らかな感情表現ができる素質が備わっているのかもしれませんね。

甘え上手な男に言わせると、「好きな人や愛する人に素直に好きと言って何が悪いの?」といった感じなのでしょう。そんな彼らのペースにどっぷりハマってしまう女性は少なくないのです。

2.体中で甘えてくる

甘え上手な男は体全体を使って甘えてきます。例えば隣り同士でくつろいでいる時に、急に膝の上に頭を乗せてきたりします。そしてニッコリ笑って普通にテレビを見たりするのです。また突然何も言わずに、後ろから羽交いじめするように抱きしめてくることも・・。

甘え上手な男は素直に愛情をぶつけてきますが、ちゃんと女性側の「間」をわきまえています。

このタイミングだったら大丈夫と瞬時に判断して甘えてくるのです。女性が忙しくイライラしている時や、疲れきって一人にして欲しい時は決して甘えません。

甘え上手な男は、二人が甘い空気に包まれるかどうかを計算しているのです。

3.自分をわかっている

甘え上手な男は自分のチャームポイントをある程度熟知しています。昔から「可愛い子」と言われて育ってきた経験がなければできないことでしょう。

「こんな仕草をしたら可愛いと言われた。」「こんなところが自分のチャームポイントだ。」ということが甘え上手な男はちゃんとわかっているのです。

例えば、今まで可愛いなんて無縁のイカツイ男が上目使いで見つめてきたら・・。また、今まで甘えたことのない男が甘え上手な男になりたくてマニュアル本通りに甘いセリフを言ってきたら・・。ビックリしてドン引きしますよね?

甘え上手な男はもともとの素質と今までの経験から、上手に甘えることができるようになったのです。それに甘えても許されるルックスが必要です。

スポンサーリンク