理系男子はちょっと個性的な人が多いイメージがありますよね?そんな理系男子と連絡していると「独特だな~」と感じる女性は非常に多いです。

今回は理系男子のメール・LINEあるあるを紹介します。あなたの周りの理系男子にも当てはまるものはありますか?

スポンサーリンク

1.メールよりもLINE派

理系男子はそもそも女性との長いメールのやりとりは苦手な人が多いです。論点をバシっと書ける論文やレポートは得意ですが、叙情的な文章や詩的な文章は大の苦手。だから読書感想文なんかも嫌いだったことでしょう。

女性に対して送るメールも感想文に似たようなことを求められるため、できれば勘弁してほしいと思っています。まだスタンプが使えるLINEの方が気が楽なのです。

例えば、女性から「今日はすごく素敵なデートだったね。また行きたいね!」なんてメッセージがきたら、同調の意味が含まれているスタンプをポチっと押すだけの簡単操作で完了します。

「こんなことを書いたら、どう思われるだろう?」なんて気にする必要はありません。LINEのスタンプは理系男子にとって非常にありがたいツールなのです。

理系男子とのLINEのやりとりは、やたらスタンプが多いでしょ?これも理系男子あるあるの一つなんです。

2.メールの文章が理論的

理系男子にメールを書かせたら理論的な内容になっていることもあるあるです。

例えば、「忙しくて会えないから寂しい!」などと女性から熱い思いのメッセージを送ると「会えなくて寂しいときの解消法は・・」なんて真面目に考えて送ってくることも・・。

理系男子は女性が喜ぶような気の利いたキーワードなんて思い浮かびません。普通だったら、「寂しい」と送ったら「僕も寂しい。早く会いたいよ!」と返しますが、理系男子は「寂しいなら解決策を教えてあげよう!」となってしまうのです。

真面目な顔でこんなメッセージを送ってきたと考えると、「プッ」と吹き出しそうになりますよね。しかし、理系男子は至って真剣です。彼女の寂しい思いを和らげる方法を考えて送っているだけなのですから。なんだか可愛いですね。

3.メッセージに対する返事が驚くほど遅い

理系男子とメールやLINEでメッセージのやりとりをしたことのある方なら、このあるあるは思い当たるのではないでしょうか?彼らはメッセージに対する返事がやたらと遅いです。

すぐに返事が欲しいときでも音沙汰なし。「既読にはなっているのにどうして?なんで返事くれないの?」なんて、何で?と責め立てたら逆効果になってしまいます。

理系男子は、あなたの送ったメッセージに対して真摯に向き合っているのかもしれません。「うーん。これはどういう意味なんだろう?」「こんな内容で何て返事すればいいの?」なんて彼らなりに真剣に考えているのです。

スポンサーリンク