頼れる男って素敵ですよね。付き合うなら頼れる男じゃないと無理!って人も多いはず。今回はそんな頼れる男の特徴について紹介します。

スポンサーリンク

1.良く考えて行動する

頼れる男は自分の考えに確固たる自信をもっています。何かを決めなくてはいけない時「どうしよう・・どうしよう・・」と問題を前にオタオタしたりしません。

例えば、目の前に大きな課題を与えられたとします。そんな時、頼れる男はどうするかまず考えます。今までの自分の経験や知識を引きだして、しっかり考えてからでないと行動はしません。時間がないからいって、「あっ!こうしよう!」「急がないといけないから、こんな感じでいいか!」などと即決することはありません。何も考えずに進むのはリスクが高すぎるからです。

頼れる男は与えられた問題や課題に対してきちんと向き合い、誰もが納得いく結果をだそうと努力します。オタオタしたり、途中で投げ出したり、投げやりにならないからこそ信頼が生まれるのでしょう。そのため頼れる男は女性だけでなく、同性からも一目置かれているのです。

2.強力なリーダーシップ

女性が憧れる頼れる男というのは、グイグイと引っ張ってくれるところがある男です。それは女性に対してだけでなく、自分の仕事に対しても同じです。

例えば一つの企画を進めるときに多少の批判があっても、自分に確信があることなら皆を説き伏せてプロジェクトを推し進めるだけの強引なリーダーシップを発揮します。

人の意見に流されたり何となく仕事をこなす男性よりも、反発なんて気にすることなく前進する姿は女性だけでなく、男性の心にも刺さるのです。

  • 「○○さんはやっぱりやってくれると思ったよな。」
  • 「あの人について行きたいよね。」

このように同僚や後輩からも兄貴的な存在として見られるのです。

「俺についてこい!」「心配しなくて良いから!」なんて、そんなちょっと強引な言葉を男性から言われたら、壁ドンよりもキュンキュンしてしまいますよね。やっぱり女性は強引な男に頼りたいと思ってしまうのです。

3.ポジティブ

頼れる男はポジティブです。厳密には、「ポジティブに考えよう!」と自分自身の感情をを上手にコントロールできる男です。

誰しも困難なことや、どうにもならないことに直面することがあるでしょう。例えば自然災害や仕事先の経営不振など、自分一人の力ではどうにもならないような局面が訪れたとします。

そんなどうにもならない問題に直面すると大抵は落ち込んで精神的にナーバスになります。

  • 「どうしてこんなことになったんだ・・」
  • 「どうせもうダメなんだから・・」
  • 「なんで自分ばっかりこんな困難なことに巻き込まれるんだ・・」

このように悲観的になるのは当然のことです。

スポンサーリンク