初対面の男性とは何を話したら良いのか・・。会話が続かずに困った経験はありませんか?そんな時にはいくつかネタを用意しておくと、いざという時に使えます。

今回は初対面の男性との会話に困った時に使えるネタを紹介していきます。是非覚えておいてください。

スポンサーリンク

1.まずはお天気ネタ

初対面と人とは、まだ深い話はできませんね。お互いどんな人かもわからない状態であれば、会話も手探りでしょう。そんな時にとりあえず使えるのはお天気ネタです。

このお天気ネタは長くは続きませんが、最初の会話としては誰にでも気軽にできるものなので使いやすいでしょう。毎朝の天気予報は必ずチェックするようにしておきましょう。

お天気ネタの会話例

  • 「最近ほんとに暑いですよね。明日は30度以上になるみたいですよ。」
  • 「今台風きていて今日の午後から豪雨みたいですよ。帰りの時間が心配ですね。」
  • 「今日は冷えますね。私本当に寒いのが苦手なので、もうコート出しちゃいました。」

このような天気や気温のネタから、少し違う会話にもつなげていけると良いですね。

2.出身地や地元ネタ

初対面の男性とは出身地や地元についての会話をするのもおススメです。出身地や地元には誰しも愛があります。それを聞くことで、相手の話したい意欲を刺激し、色々なことを話してくれるでしょう。

また、あなたの出身地や地元のことも話せば、情報交換をしたりと盛り上がるはずです。

このネタは長く会話が続くことに加え、相手のことをより知ることができる点でもおススメです。また会話の広げやすさもあります。

地元ネタの会話例

  • 「出身大阪なんだよね?私1回しか行ったことないんだけど、食べ物が全部美味しかった!」
  • 「地元この辺なの?私最近引っ越してきて・・おススメのお店ある?」
  • 「私は北海道出身なの。北の国からのロケ地の近くなんだよ。」

まずは相手の出身や地元についてを聞いて、良いところを褒めましょう。そしておススメなどを聞きます。その話の後に、自分の出身や地元のおススメを話すと良いでしょう。

3.とりあえず食べ物ネタ

人が生きていれば必ず行う食事。食べるのが好きな男性は、食べ物ネタが大好きです。好きな食べ物、お酒にあうおつまみ、おススメのレストランや居酒屋、得意な料理など、食べ物の話は初対面の人とでもスムーズに進みます。

スポンサーリンク