自分が人として薄っぺらいかどうか心配で不安になったことはありませんか?なかなか自分自身ではわからないことだからこそ、自分という人間が人からどう思われているのか気になりますね。

そこで今回は薄っぺらい人間の特徴を紹介していきます。自分に当てはまる項目がないか今すぐ診断してみましょう。

スポンサーリンク

1.口だけで結果を出さない

薄っぺらい人間は口では大口をたたきます。しかし、それに対して行動や結果が伴わないのが特徴です。

  • 「私はこんなに凄い人間だ」
  • 「将来こんなことをするという願望がある」
  • 「私のしている努力は絶対に裏切らない」

このように自信たっぷりに大きな事を口に出していうのですが、蓋を開けてみるとまったく何も凄いことはないのです。努力もしていなければ、才能もありません。

あの発言はなんだったんだ?と周囲を困惑させます。そして口だけの薄っぺらい人間だと思われてしまうのです。

本当に大きな成功をする人は、その過程で大口をたたきません。成功をした後に口に出すのです。あなたは成功する前から口先だけで大きなことを言っていませんか?

2.知ったかぶりをする

知らないことも「知らない」という言葉を言いたくないために、全て知ったかぶりをする人がいます。このような人は、知ったかぶりをすればするほどに、どんどん薄さが増してペラペラの人間になっていくのです。

自分の知らないことがあった時に、「これは知りません。教えてください。」と言えば、その人はそこで知らなかったことを一つ知ることができます。そうして少しずつ知識を増やして人間を成長させていくのです。

しかし、知らないのに「知っています。」と知ったかぶりをすると、知らないままで知ったふりをしてやり過ごすことになります。これでは何も勉強もできずに成長することはありません。

知識がないのに知ったふりばかりする浅い人になってしまうのです。あなたは知らないことは知らないと言えますか?

3.口が軽い

自分が知り得た特別な情報をすぐに人に流してしまう人は、口が軽く人間としても薄っぺらいですね。人間ができている人は、言うべきことでないことや他人のことは口を重く閉じています。

聞かれてもその口を軽く開くことはないでしょう。その口の堅さに、人としての信頼や重みが出るのです。

皆が知らない情報を知ることができた時。それが友達の個人情報だった時。あなたはどうしますか?

スポンサーリンク