仕事でもプライベートでも、コミュニケーション能力が人の人生を左右すると言われています。そしてコミュニケーション能力とは、具体的には会話力のこと。会話が上手な女性は仕事でも輝きますし、良い人間関係を築くことができます。

だけど、一体どうすれば会話力を向上することができるのでしょうか?今回は会話力を向上させるためのトレーニングを徹底解説していきます。

スポンサーリンク

1.質問力を磨く

会話力がある人は、話題を広げて相手の話をどんどん引き出すことができます。相手に「この人は話しやすい。気づいたらいろんなことをしゃべってしまっていた!」と思わせることができれば、それは会話力が高い証拠。

そのためには、質問力が不可欠です。話題が広がるかどうかは、いいタイミングで適切な質問ができるかどうかにかかっているのです。

質問をまったくせず、「うん、うん」と頷いているだけでは、相手に「この人ちゃんと話聞いてくれてるのかな?」と不安がらせてしまいます。逆に、やたら質問攻めにしても相手を不審がらせてしまうのです。

大切なのは、まずはじっくりと話を聞いてから、話を広げたり理解を深めるための質問ができること。「相手はどんな話を聞いてもらいたがってるんだろう?」「どうすれば気持ち良く話してもらえるんだろう?」と考えながら、質問力を磨くことが大切です。

2.相手に共感する

会話力を向上させるためには、話す相手の満足度を高めてあげることです。具体的に相手を満足させる方法とは・・ズバリ、共感してあげること。人間は、コミュニケーションや会話の中で、相手に共感してもらえると嬉しさを感じる生き物なのです。

例えば、友達とおしゃべりしている時にも、あなたの話を「へー」と流されるよりも、「あっ、わかる!私もそうだよ」と言われると嬉しくなってしまいますよね。それを会話の中で意識的に行うことが大切です。

だけど注意したいのは、上辺だけの共感だとすぐに相手にバレてしまうということ。「無理して合わせてくれている」と相手に感じさせてしまっては、逆効果です。

ポイントは、心から相手の気持ちに寄り添って、はっきり共感の気持ちを口に出すということです。

3.自分のことも適度に話す

会話力を向上させるためには、聞き上手になることは確かに大切。だからと言って、相手の話ばかり聞いているのもダメです。

相手に質問してばかりだと、不審がられてしまいます。自分のことはまったく話さないのに、こちらのことばかり質問攻めにしてくる・・。こんな人だと、警戒心を抱いてしまいますよね。

相手を安心させて、心を開いてもらうためには、自分のこともある程度話すことが大切です。それも、ただベラベラ話したいことを話すのではなく、あなたの人柄が伝わるような話が良いでしょう。

例えば趣味のことを話すなら、「趣味は旅行なんですけど、私抜けてるので、いつも忘れ物とかしちゃうですよね。この間はホテルにスマホ忘れちゃって・・」と、ちょっと親しみがわくようなエピソードを盛り込むのです。

スポンサーリンク