なかなか実らない片思いに疲れてしまった・・。もうどうしたら良いのかわからい・・。そんな辛い片思いに悩んでいる女性は意外と多いです。もしかして、あなたもですか?今回は実らない片思いに疲れたときの対処法を紹介します。そろそろ前に進みたいと考えている女性必見です!

スポンサーリンク

1.それほど価値のある男かどうか考える

片思いをしているときは相手の男性は絶対的なものです。

  • 「彼は最高!」
  • 「優しいし素敵!」
  • 「とにかく何でもできてしまうの!」

このように何故だか片思いの男性に対しては、ハードルが下がりっぱなしなところがあります。手の届かない相手に対してバイアスがかかるため、実力以上に見えてしまうのが片思いの特徴なのです。

でも、本当にその男性が辛くなるほど片思いする相手なのか?自分の貴重な時間を割いてまで悩む相手なのか?良く考えてみる必要があります。

恋愛は楽しくなくては意味がありません。ずっと辛い思いをすることに何の意味があるのでしょうか?それ程の価値のある男なのかどうか・・片思いの魔法を差し引いて判断してみましょう。毎日会う環境なら少し離れてみても良いかもしれません。顔を見ないと自然と気持ちが薄れていくのが人間ですからね。

2.考える間もないほど忙しくする

人間は時間が有り余っていると余計なことを考えてしまいがちです。ぼんやり過ごす時間ができてしまうと、片思いの男性のことばかり考えていませんか?

  • 「どうしているかしら?」
  • 「そういえば前にあんこと言ってたな~」
  • 「あの態度はどういう意味なんだろう?もしかしたら少しは気にしてくれてたのかな・・」

このように勝手に自分に都合の良い妄想をして、急に片思いの相手への気持ちがムクムクと大きくなっていく・・。そして、「やっぱり彼が好きだわ!」なんて気持ちが爆発するのです。

でも、現実は成就するのは困難・・。現実に打ちのめされてボーっとしてしまい、また彼のことを考えて気持ちが再熱・・。こんなことを繰り返していては、心身ともにボロボロになってしまいます。

そんな時は、考え込む暇を作らないことが大切です。仕事や趣味に没頭することで、片思いの相手ばかり考え込む時間を減らすことができます。そうすれば、心苦しくなることも少なくなるはずです。

3.信頼できる親友に意見を求める

辛い片思いはどうしても自分一人で抱え込んでしまいます。ひっそりと想うことが片思いの美学だと思っている人も多いため、誰にも想いを話さずに苦しんでいるのです。

ただ、一人で考え込むと迷宮入りしてしまうのが恋愛です。信頼できる親友に話を聞いてもらい、頭を整理することも必要ですよ。

スポンサーリンク