彼氏ともう別れたい・・。そう思ってはいるものの、彼氏がめんどくさい男だった場合どうしたら良いのでしょうか?すんなりと後腐れなく別れることができるか不安ですよね。

そんな女性のために、今回はめんどくさい彼氏とスムーズに別れる方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.すれ違いを理由に距離を置く

めんどくさい彼氏と後腐れなく別れるために、まずは自分の環境を変えていくことから始めましょう。少しずつ自分の環境を変えることで、自然と彼との距離をとることができます。

例えば、仕事量を増やして忙しくするのも一つの方法です。めんどくさい男は何の理由もなく、彼女が距離を置きだして自分から離れていくことに敏感に反応します。

「あれ?何か様子がおかしいぞ。」「もしかしたら、他に好きな奴でもできたのかも?」などと疑ってくるでしょう。でも、仕事が忙しく本当にデートするのも大変そうなあなたの様子を見たら納得します。

「会えなくても仕方ない。本当に忙しいなら・・」と思い、あなたの気持ちには気付かないでしょう。「ごめんね。本当に時間がなくて会えないの。」と少しずつ少しずつ彼氏から距離を置くのがポイントです。

そして少しずつ距離を置いていくうちに、めんどくさい彼氏も気がつくはずです。「もしかして、俺たちもうダメなの?」「本当は仕事は口実なのでは・・」と疑り始めますが、その頃には一緒にいることもほどんどないため、何となく気持ちの整理もつき始めています。

そうなったら、お互いの時間のすれ違いを理由に別れを切り出しましょう。めんどくさい彼氏は自分が理由で別れるのは納得できませんが、すれ違いなどの物理的な理由なら納得しやすいです。

これならめんどくさい男のプライドも傷付けず、別れ際に揉めることも殆どないでしょう。

2.LINEやメールの回数を減らす

めんどくさい彼氏は、男には珍しくメールやLINEが好きな傾向があります。

普通の男性は長いメールやLINEをするのは、付き合う前の口説き段階か、付き合い始めたデレデレの時期だけでしょう。でも、めんどくさい彼氏は長く付き合っていても、長いメールやLINEを送ってきます。

お互い好きなときは、長時間やり取りするのは楽しいでしょう。マメな彼氏で良かった!なんて思うはずです。詩的な表現で愛を伝えてきたり、自分の心情を長いメールやLINEで伝えてきたり、めんどくさい彼氏は意外とロマンチックなのです。

ただ、気持ちが冷めてしまうと自分に酔ってるだけのナルシストとしか思えません。そんなめんどくさい彼氏と別れるためには、めんどくさい彼氏が大好きなメールやLINEからも遠ざけなくてはいけません。

めんどくさい彼氏のことが好きだったころのように、送られてきたメールやLINEにせっせと返事をしてはダメ!少しずつ既読するまでに時間をかけましょう。既読スル―は後々めんどうになるため、彼からのLINEがきたら開かないようにするのです。

「どうして見てないの?」と問いただされたら、「ごめんなさい、気がつかなかったの。」「仕事が忙しくて、携帯オフにしていたの。」と謝ることを忘れずに。

スポンサーリンク