「彼氏が全然相手にしてくれない・・。いつも知らん顔・・」そんな彼氏を振り向かせたいと思っている女性は多いです。

そこで今回は彼氏に相手にされなくて寂しい女性のために、彼氏を依存させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.彼氏の良きスタイリストになる

彼氏を依存させるために重要なことは、彼氏にあなたなしでは困ると思わせることです。

例えば、身の回りの世話はあなたがやってあげます。男性が洋服選びが苦手なら、当然お買い物はあなたが一緒に行ってコーディネート。

  • 「このジャケットには、このパンツにストライプのシャツを合わせて・・」
  • 「ダメダメ、その色は似合わないんだから!」

このように彼氏のスタイリストになってあげます。また、ヘアスタイルもあなた好みのデザインをすすめます。

「○○さんっておしゃれ〜!」「センス良いですよねー!」なんて誰かに褒められたら、あまりファッションに興味のない彼氏も嬉しくなるはずです。

そんなにみんなに褒められたら、今さら自分のセンスじゃないなんて言えませんよね。「自分じゃできないしな・・。○○ちゃ〜ん、俺どうしたらいい?」もう昔のダサい自分には戻りたくないと依存することに・・。

衣食住の衣を握れば、あなたから離れられなくなるでしょう。

2.胃袋を掴む

男性は胃袋を掴まれた女性から離れようとしません。そのため料理上手な女性になれば、彼氏を依存させることできるでしょう。

  • 「○○ちゃんが作ってくれたあのケーキ美味しかったな。」
  • 「あのオムレツ最高だった!」

このように作った料理に満足してくれる腕前になれば、こっちのものです!衣食住の食の力は強力です。多くの人がダイエットの失敗を経験していることを考えれば納得していただけると思います。

「あ~甘いもの食べたいよ・・」と女性が思うように、「○○ちゃんの料理が食べたい・・」と依存させれば、あなたを絶対に手離そうとは思わないでしょう。

3.居心地の良い女性になる

男性は外に出たら違った顔を見せます。特に仕事になると厳しくて、怖い面を見せることもあるでしょう。また、接客業などの仕事をしている場合は、色んな人にサービススマイルを見せなくてならないこともあります。

スポンサーリンク