女性にとっては、何かと悩ましい結婚問題。世の中には結婚はせずに、事実婚を選ぶなんていうカップルもいます。だけど、結婚を選ぶか事実婚を選ぶか・・。それによって人生が大きく左右されることもあります。

今回は事実婚のメリットとデメリットを確認しながら、一緒に結婚の形について考えていきましょう。

スポンサーリンク

事実婚のメリット4つ

まずは事実婚のメリットを見ていきましょう。

1.男性にとってハードルが低い

事実婚でメリットが大きいのは、女性よりも男性の方です。もともと、結婚自体が男性にとっては負担の大きい制度。結婚したら一家の大黒柱になって稼がないといけないし、何かと自由もなくなります。

その一方で、事実婚は女性や子供を養う責任もなく、しかも家事をやってもらえて楽だし、恋愛の美味しいところだけつまみ食いできる・・。そして相手に飽きたら、簡単に他に乗り換えられます。事実婚とは、男性にとって美味しい制度なのです。

彼に「結婚しよう」と言ってもオッケーしてもらえるかはわかりませんが、「同棲しよう」「結婚せずに一緒に暮らそう」なら、気楽に受け入れてもらえる可能性が高いです。

男性にとって事実婚は、結婚よりもハードルが低いというメリットがあります。

2.お互いに自由でいられる

結婚をすると何かとお互いに責任が生じます。男性には家族を養う義務が生じるし、女性の多くは出産をきっかけに会社を辞めて、家事や育児に追われる・・。このように結婚するとお互い自由が奪われてしまうのです。

だけど、事実婚であればお互いに責任は少ないです。仕事を辞める必要もないし、お互いの稼ぎの範囲であれば、趣味や遊びも存分に楽しめます。たとえ相手に飽きても、すぐに同棲を解消すれば、新しい恋愛もできます。仮面夫婦として苦しむ必要はありません。

事実婚なら、2人とも自由を残しつつも恋愛や人生を大いに楽しむことができるのです。

3.煩わしい親戚付き合いがない

結婚で面倒くさいのは、なんと言っても親戚付き合い。特に嫁姑とは、なかなか上手くいかないものです。姑にとっては息子を奪った女ということで嫁が憎いし、嫁にとっては夫の母ということで、好きでもない相手のご機嫌を取らないといけない・・。なかなかしんどいですよね。

結婚しても義両親と別居でいいならまだ楽かもしれませんが、場合によっては強制的に同居の可能性もあります。将来は義両親の介護が必要になって、嫁であるあなたが他人の下の世話までしないといけなくなるかもしれません。

事実婚であれば、結婚よりは相手の親戚とは疎遠でいられます。誰よりも彼のそばに居られるけれど、煩わしい親戚付き合いはしなくてオッケー。女性にとっても何かと楽なのが事実婚のメリットです。

結婚してからお互いの親戚と折り合いが悪く、それが原因で不仲になる夫婦もいます。なんの制約もなく純愛を貫きたいなら、事実婚がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク