男と女は考え方が根本的に違います。特に恋愛に関しては相手のことを理解できなくて悩んでいる方は多いです。男女の恋愛の違いを知ることで、今まで彼氏のことを「わからない!何で!?」と思っていたことが少しは理解できるはず。

今回は知らなきゃ損する、男女の恋愛観の違いについて紹介します。男心を理解したい方必見です!

スポンサーリンク

1.好きになるきっかけは見た目重視と中身重視

男女の恋愛観の違いは、異性を好きになるきっかけにも表れます。男性は実は一目惚れが多いのが特徴です。

  • 「おっ!可愛い。この子タイプ。」
  • 「イイ女だな~。付き合いたい!」

このように自分のタイプの女性を見つけたら、すぐに仲良くなりたい!付き合いたい!と思います。要するに見た目重視ということです。

女性はそれとは逆に、一目惚れしても真剣交際に踏み切るまで時間がかかることが多いです。

  • 「カッコいいけど、付き合っても大丈夫かしら?」
  • 「見た目と中身が違うかも?」

このように男性と違って、見た目よりも中身を重視します。女性は意外に慎重なのです。

2.瞬間型と持続型

一目惚れでも恋愛に持ち込みたい男性と中身を知るまで踏み切らない女性ですが、恋愛の形にも違いがあります。男性の恋愛はボッと勢いよく着火します。でも、しばらくするとあれだけ燃えたぎった炎は一気に静まり、後は細々と燃えるか最悪の場合は消えてしまうかのどちらかです。

女性は男性とは逆に、好きになってからゆっくりゆっくり恋の炎が燃えていくパターンが多いです。最初は好きなタイプじゃなかったけれど、気がつけば好きでたまらなくなっていた・・。なんてことも珍しくありません。

だから、最初は何も思わなかった男性から熱心にアプローチをされて好意を持っても、いつの間にか女性が追っかける羽目になるケースが多いのです。釣った魚に餌をやらない男との恋愛の典型例ですね。

3.愛情表現の違い

付き合ってから男女の愛情表現の違いで戸惑う方も多いです。男性の場合は一旦付き合ってしまうと、付き合う前や付き合いたての頃のように熱烈な愛の言葉を言わなくなります。

  • 「愛してるよ!こんな気持ち始めてなんだ。」
  • 「君が一番可愛いよ!こんな彼女で良かった。」

こんな歯の浮くような愛の言葉を言うことなんて、付き合ってしばらくしたらないでしょう。だからといって、嫌いなわけではありません。彼女のことは十分愛しています。一方、女性は付き合う前も付き合ってからも、彼氏からの愛の言葉を言ってもらいたいもの。

スポンサーリンク