いい男の定義ってなんだと思いますか?イケメンであること。背が高いこと。収入が高いこと・・。本当にそれだけ?それがいい男なの?なんだか違うような気がしますね。

本当にいい男とはどんな人を言うのでしょうか。また、どうやっていい男を見分ければ良いのでしょうか。今回は知っておくべき本当にいい男の見分け方について紹介します。

スポンサーリンク

1.人を怒る強さがある

人を怒らないことは簡単です。ただ黙っていれば良いのです。何でも見ないふりして、目を背けていれば良いのです。

人を怒ることはエネルギーを使います。勇気も体力もいるのです。本当にいい男は人を怒る強さのある人。物事から目を背けず、嫌われてしまうことに怯えずに、ダメなことはダメだと言える人です。

人のことを怒れるのは、本当に心から人のことを考えている証拠です。心から人や物事に向き合っていると言えるでしょう。そんな男性は間違いなく熱い心を持ったいい男です。

2.人の悪口や陰口を言わない

本人のいないところでコソコソと人の悪口を言うような男性はいい男にはなれません。悪口や陰口を言う人は、どこかで自分に自信のない人。そして人を悪く言うことでしか、自分を良く見せることができないのです。

どんなにイケメンでも、人を悪く言うような人には近づくべきではありません。噂話ばかり言いふらしているような男性は、ろくな人ではありません。

本人がいないところでも、その人をフォローして立てることのできる人こそいい男なのです。

3.言ったことは必ず実行する

いつも口だけは達者なのに行動が伴っていない男性がいます。大口たたくわりには、その半分も実行できていないのです。口先だけの男は信用がなくなります。

このような男ほど、お喋りでベラベラできもしないことを語るのです。本当にいい男とは、口数さえ少ないものの、言ったことは必ず実行します。いつでも有言実行なのです。

このような男性は、周りからの信頼も評価も常に高いでしょう。言ったことはやる男こそ、本当にいい男なのです。

4.目標や夢をしっかり持っている

目標や夢もない人は、どこに向かって進んでいるのか自分自身もわかっていません。ただなんとなく、ぼんやりと毎日を過ごしているのです。

目標や夢をしっかり持っている人は、毎日それに向かって1歩1歩進んでいます。時には失敗して後退することもありますが、それでも目標や夢があるから歩いていけるのです。

それは大きなものでなくても良いのです。小さなものでも、きちんと自分の進む道がわかっているかどうかで毎日の過ごし方は変わります。それが本当にいい男と、そうでない男の別れ道となるのです。

スポンサーリンク