生まれ育った家庭環境は、その人の性格を形成する大きな要因になっています。そしてその家庭環境で大きく関係するのが兄弟構成です。

上に兄姉がいるのか、下に弟妹がいるのか。または一人っ子なのか。これは性格に大きな影響を与え、さらには恋愛にも大きな影響を与えます。特に一人っ子は独特の感性を持っている場合が多いと言われています。

そこで今回は一人っ子の恋愛の特徴について紹介していきます。

スポンサーリンク

1.独占欲が強い

一人っ子は、親の愛情を一人だけで受けて育ってきました。そのため、人の愛情が自分一人に向くのが当たり前だと思っているのです。

兄弟や姉妹がいる人は、両親が自分一人だけを見ていないことを知っています。自分と同じように、兄弟姉妹にも愛情を注いでいることを知っているのです。そのため愛情を独占しようという発想はありません。

一人っ子は自分だけに愛情が注がれることが当たり前なので、恋愛に対しても自分だけを見ていてほしいという独占欲が生まれてしまうのです。恋人が自分以外の誰かを見たり、優しくすることなんて許せません。ただひたすら自分のことを見ていてほしいという願望が人一倍強いのです。

2.自分のペースで恋愛したい

一人っ子は常に自分のペースで生きてきました。遊ぶのもマイペースに、着替えるのも食事をするのもマイペースに、何事も自分の世界で自分の時計で動いてきています。

そのために恋愛に対しても、かなりのマイペース。自分のペースを崩されることを嫌い、自分のペースで進めていきたいと思っています。急かされることも、焦らされることも、待たされることも嫌いなのです。

そんな一人っ子と一緒にいる人は、振り回されて疲れてしまうこともあります。しかし、本人はいたって当たり前のことで、振り回しているという自覚がありません。そのため、なかなか治すことができないのです。

そのマイペースに合わせることのできる器の広い人でなければ、恋愛は難しいかもしれませんね。

3.執着心が強い

一人っ子は常に自分の物は自分一人の物として育ってきました。上のおさがりをもらうこともなければ、下へ譲ることもありません。そんな自分だけの物をたくさん持っている人に生まれるのが執着心です。物に対しても、人に対しても、とにかく執着します。

この執着心が恋愛に向くとどうなるか。一度好きになった人を諦めることができないのは容易に想像できますね。その人が結婚していようが、他に恋人がいようが、自分に興味がなかろうが・・。とにかく自分が好きになった人に執着して追い続けてしまいます。

理由をつけて諦めるということができずに、自分の想いの整理もできず、苦しんでいる一人っ子は意外と多いのです。

4.理想が高い

兄弟や姉妹がいる人。特に異性の兄弟や姉妹がいる人。このような人は自分の兄弟姉妹を見て、「男とはこういうものだ。女とはこういうものだ」ということを、ある程度理解しています。異性に対しての理想が自分の中で膨らみ高くなることもなく、現実を見ることができるのです。

スポンサーリンク