「全然好きじゃない人にばかり好かれて困る」恋愛相談でよく聞く、意外とあるあるな話です。タイプの人には好かれずに、そうでもない相手にアプローチを受ける・・。恋愛ってなかなかうまくいかないものですよね。

だけど、その「好きじゃない人に好かれる」という現象には、意外な落とし穴が隠されているかもしれません。その原因をじっくり考えつつ、今回は好きじゃない人に好かれた時の対処法を詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

1.自分の理想が高すぎないか?考える

好きじゃない人にアプローチされた時、心の中で「付き合うならもっとイケメンがいい」なんて思ってしまうことはありませんか?もしかしたらそれは、あなたの男性への理想が高すぎることの表れかもしれません。

人は自分のことを過大評価する生き物です。無意識に「私のルックスなら、あのくらいのランクの男と付き合える」なんて考えてしまうのです。だけど、残酷な話ですが、「あの人と私なら釣り合う」と思っていたとしても、実はそこには格差があるというのは、よくあることなのです。

「類は友を呼ぶ」とよく言います。言い寄ってきた相手が、「私のタイプじゃない」と思ったとしても、客観的に見れば釣り合いが取れている相手なのかもしれません。もし自分の理想が高いと感じているのなら、妥協することも考えてみましょう。

2.とりあえず付き合ってみる

アプローチを受けた時は「好きになれない!」と思ったとしても、相手とよく話してお互いを知っていくと案外好きになれるかもしれません。そのため、男性のことを少し長い目で見てみるのも大切です。

誘われたら気軽に食事くらい行ってみて、嫌じゃなければ「とりあえず付き会ってみる」というのもアリではないでしょうか?お互い一目惚れ同士&あっさり両思いで付き合えるのは、かなり幸運なことです。

やはり彼氏が欲しいなら、ある程度妥協することが大切。最初の印象はイマイチでも、話しているうちに「結構いい人かも」と思うこともあるかもしれません。

また、恋愛では女性は追うよりも追われる方が幸せになれるといいます。軽くあしらっても熱心にまたアプローチしてくれるような男性なら、きっと付き合っても大切にしてくれるはずです。

3.勘違いさせるようなことはしない

男性は意外と臆病なので、「この子となら付き合える!」という自信がない限り、アプローチしない人がほとんどです。ですので、あなたに言い寄ってくる男性も、内心「この子は俺に好意があるはずだ」などと勘違いしていたのかもしれません。

男は調子に乗りやすくて、しかも人の微妙な心境に気がつかない鈍い生き物です。嫌な時ははっきり言わないと、嫌だとわかってくれない人も多いのです。

あなたが特に意味もなく優しくしただけで、「この子は俺のことが好きなんだ!」と誤解してしまうこともあります。好きでもない相手には、むやみに優しくしないように注意しましょう。

4.女磨きを頑張る

男性からアプローチを受けるということは、つまり「この女性なら俺でも可能性がある」と思われているということ。意地悪な言い方をすれば、その男性にとって落とせるレベルの女だと思われているのかもしれません。

あまりにもイマイチな男性から好かれることが続くなら、あなたは男性から「頑張ればすぐに手が届きそう」「近寄りやすい存在」と思われている可能性があります。その場合は、自分磨きを頑張ることで女っぷりをあげることが必要です。

スポンサーリンク