付き合って長いのに、いつまでたっても結婚する気がない彼氏。女性には出産などのタイムリミットがあるので、いつまでも彼氏からのプロポーズを待っていられるわけではありませんね。結婚か別れるかという二択に迫られている人もいるでしょう。

今回は付き合いが長い結婚する気がない彼氏への最後の手段を紹介します。もし別れの決意までできているのであれば、最後の望みをかけてみませんか?

スポンサーリンク

1.逆プロポーズをする

もう最後の手段です。結婚する気があるのかないのかよくわからない彼氏には、あなたから逆プロポーズをしてみましょう。

プロポーズにも様々な言葉やシチュエーションがありますが、二人きりの時に「私と結婚してください!」とストレートに伝えるのが一番心に響きます。その上で、結婚したい理由や自分と結婚することでのメリットなどを伝えて、彼氏を説得するのです。

  • 「もう5年も付き合って、お互いのことも理解しあっている。このままダラダラ付き合うのではなくて、ちゃんと結婚して落ち着きたいの」
  • 「私はあなたのいいところも悪いところも理解しているよ。だから結婚しても全部を受け止める自信がある。」

長く付き合ったからこそ言えることを、逆プロポーズで伝えましょう。逆プロポーズで使えるセリフやサプライズ9選も参考になりますよ。

2.結婚か別れを決断させる

あなた自身が結婚か別れかの二択で迷っているのであれば、その二択を彼氏に選んでもらいましょう。「私と結婚するか、もしくは別れるか。どっちか選んで!他に選択肢はないから」そう言って究極の二択を告げましょう。

長く付き合っているのに、結婚を決断できないような彼氏であれば「考えさせて・・」と言って逃げてしまうでしょう。しかし、今までも考える時間はあったはずです。もう考えさせては禁止!1週間程度の短い期間に区切って決断を迫りましょう。

もし決められないのではあれば、もうあなたが別れを選ぶしかありません。

3.子どもが欲しいと言う

あなたがいつまでも結婚を待てない理由の一つとして、子どもが欲しいということがあると思います。女性であれば好きな人との子どもを作り、家庭を作り、幸せに暮らしていくことを望むのは珍しいことではありません。

ただ、その子どもを作ることには残念ながら期限があります。現在は晩婚化となり、遅くに子どもを産む人が増えています。それでも35歳を過ぎれば高齢出産と呼ばれ、出産も育児も大変な年齢になります。

できれば35歳になる前に子どもを作りたいと強く願っている女性は多いです。その切実な気持ちを彼氏に伝えてみましょう。その期限が今であること。今結婚し、子どもを産みたい!あなたの子どもを産みたい!そう伝えてください。

あなたのその切実な願いを聞いても結婚に踏み切れないような彼氏なら、あなたを幸せにすることはできないでしょう。

4.両親に会わせる

長く付き合っているのに、結婚をする気がない彼氏。そんな時は、周囲から固めていきましょう。

スポンサーリンク