お見合いは結婚を前提にするものです。しかし、そんなお見合いにだって、自分の意志や気持ちはあります。お見合いをしても、結婚をする気になれない人はいるでしょう。

そんな時に、どのように断って良いのか?どうしたら相手に失礼にならないのか?そんなことを悩んでしまうかと思います。そこで今回は相手に失礼にならないお見合いの断り方を紹介します。

スポンサーリンク

1.メールで丁重にお断りする

お見合いをした相手は、お付き合いしていたわけではありません。長い歴史があるわけではないので、ここはメールでお断りをした方が相手を傷つけずにすむ場合もあります。結婚をする気がないと確信をした時点で、できるだけ早くその気持ちを相手にメールで伝えるようにしましょう。

「先日はありがとうございました。色々なお話ができ、とても楽しかったです。しかし、私にはまだ結婚という大きな決断をすることはできず、もう少し自分の気持ちが落ち着くまで仕事に取り組みたいと考えています。せっかくのお見合いを申し訳ございません。」

このようなメールを1通送るだけでも、お見合いの場合には失礼にならないでしょう。

2.相手に手紙を出す

最近は何でもメールや電話で済ませることができます。そのため、手紙を書くことなんて殆どないでしょう。反対にいうと手紙をもらうことなんて稀なはずです。そんな中で、自分の元に手紙が届くと、その思いに感動するはずです。

例えそれがお見合いをお断りする内容だとしても、自分のためにわざわざ直筆で手紙を書いてくれたという気持ちに敬意を感じるはずです。

今回はお見合いに断られてしまったけれど、自分のことを大切に考えてくれた。断る時にも色んなことを考えてくれた。手紙ならそう思わせることができるのです。

3.会う前に断る

お見合いをする時は、事前にお見合い写真で相手を確認することができます。そして写真と同時に、相手の職業や出身地、趣味や特技などのプロフィールを知ることができるはずです。

写真と文字ではわからないこともありますが、その二つで結婚はありえないと思うこともあるはずです。あまりにも顔がタイプではなかったり、趣味やライフスタイルが全然合わない・・。

このように、会う前の段階で結婚する気が起きないのであれば、『一応会ってから断る』のではなく、『会う前に断る』ようにしてください。会う前なら相手へのダメージも少なく、お互いに無駄な時間や労力をかけずにすみます。

4.直接きちんと伝える

お見合いとはいえ、連絡のやり取りや数回のデートを重ねてしまっているのではあれば、断る時もより慎重に行う必要があります。メールや手紙で簡潔に伝えるのではなく、直接会って自分の言葉で伝えるのが良いでしょう。それが相手に失礼にならない断り方です。

「本当にごめんなさい。今はあなたとの結婚に踏み切れず・・。こんなに良くして頂いたのに、ごめんなさい・・」そう言って自分の気持ちを相手に伝えましょう。

直接会って、目を見て断るのは自分自身とても苦痛なことです。だからこそ、誠意をもって伝える必要があるのです。断られてしまっても相手にあなたの誠意は伝わるはずです。

スポンサーリンク