突然ですが、あなたは面倒見がいいタイプですか?それとも、逆に面倒を見られたい末っ子タイプ?世の中には、いろいろな性格の女性がいるものです。だけどその中でも、面倒見がよくて世話好きの女性はモテます。

そこで今回は面倒見がいい女性について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

面倒見がいい女性の特徴5つ

そもそも面倒見がいい女性とは、具体的にどんな女性のことなのでしょうか?まずはその特徴から確認していきましょう。

1.常に周りに気を配っていて、よく気がつく

面倒見がいい女性は、気遣い上手です。そして常に自分のこと以上に、周りの人のためを考えて行動します。そのため、困っている人にすぐに手をさしのべることができるんですね。

これは普段からまわりをよく観察していないとできないことです。「○○さん、今日はなんだか元気がないけど、何かあったのかな?」と相手の顔色を読んだり、飲み会などで端っこで寂しそうにしている人を見つけて声をかけてあげたり・・。

周りの人の気持ちを常に考えているからこそ、面倒見がよくなれるんですね。これは自分のことでいっぱいいっぱいの人にはできないことです。

2.人の幸せが自分の幸せ

何かと人のために行動することが好きな面倒見がいい女性。労力を惜しまず人に親切にしてあげられる、その原動力はどこから生まれるのでしょうか?それは人の笑顔や幸せが自分の幸せだと、心から思えることです。

世の中には「人によく思われたい!」という理由で、親切なふりをする女性もいます。だけど、そんな不純な動機では、人に親切にし続けるのは難しいです。それは自分のエゴでしかないので、どこかに無理が生まれるんですね。

一方で、本当に面倒見がいい女性は、自分がどう思われているかはどうでもよく、心から「周りの人の笑顔が見たい!」と考えています。そして、人の幸せを自分のことのように喜ぶことができます。だからこそ、常に人に対して優しい態度でいられるんですね。

3.人との距離感が絶妙

面倒見のいい女性と、ただのお節介おばさんのような女性。一体何が違うのでしょうか?それはずばり、他人と程よい距離感が保てているかどうかです。

「あなたのためを思って」と言いながら、人のプライベートな領域にずかずか踏み込んでくる・・。こんな女性は嫌われます。一方で、面倒見のいい女性は、人には触れられたくないこともあると心得ています。ですので、無遠慮にあれこれ聞き出したりしません。

また、面倒見のいい女性は、「親しき仲にも礼儀あり」というのをよく心得ています。そして相手の心地よい距離感を察するのが得意です。だからこそ、面倒見のいい女性は一緒にいて安らぐんですね。

4.愛に溢れていて共感力が高い

面倒見のいい女性は、他人への愛に溢れています。だからこそ、見返りを求めず他人に親切にすることができるのです。そしてその愛は、特定の人に執着するというよりも、もっと普遍的な愛です。

スポンサーリンク