「彼氏にもっと好かれたい!」大好きな彼がいるなら、こう思うのは当然ですね。しかし、彼にもっと好かれるためにどうすればいいのか?これは分かるようで分からないものです。

そこで今回は彼女といると幸せだと男が感じる瞬間を紹介します。彼氏がどんな時に幸せを感じているかしっかりチェックしましょう。

スポンサーリンク

1.おいしい料理を作ってくれた時

彼女といると幸せだと感じる瞬間に、おいしい料理を作ってくれた時があります。これは男性が幸せだと感じる定番です。男性を掴むには胃袋を掴めなんていうのも、このことからでしょう。

ササッと手早く料理を作れば、「料理上手な彼女を持てて幸せ者だな」と思ってくれます。はたまた、一生懸命料理を作れば、「自分のために料理を頑張ってくれたんだな」なんて思ってくれるのです。

いずれにしても、愛情がしっかり伝わるような料理を作ることができれば、食欲を満たす満足感と一緒にいることでの幸福感をリンクさせることができます。

2.一緒にいて癒される

男性は女性に比べて、パートナーに癒されたい願望が強いです。そのため、口うるさく言ったり、行動を急かせるようなことをしてはいけません。そうしてしまうと、「この子といると気が休まらないな」なんて思われてしまいます。

そのため、特に仕事で疲れて寝不足の時などは、癒しを与えてあげるように心がけなくてはいけません。時には、「運転代わってあげようか?」「ゆっくりしてていいよ」なんて優しい言葉をかけるのもいいかもしれませんね。

  • 一緒にいて落ち着ける
  • 一緒にいて安心できる
  • 一緒にいるとストレスや疲れが取れる

このように癒してあげれるように行動していきましょう。そうすれば、きっと一緒にいて幸せだなと思ってくれますよ。

3.病気や怪我を心配してくれる

病気や怪我をしてしまった時も、彼女といると幸せだと感じる瞬間です。病気や怪我は辛いものですが、彼女が心配してくれることで、「彼女がいてくれるおかげで頑張れる」「支えてくれてありがとう」と思えます。そんな自分の状況に思わず、「幸せだな」と感じるのです。

弱っているときほど、人の優しさが心にしみわたります。よく病気や怪我がきっかけで結婚を意識し始める男性がいるのはこのためです。そのため、彼氏が病気や怪我をしてしまった時はチャンスとも言えます。

心配することはもちろん、看病したり、差し入れしたり、多少図々しいぐらいにする方がいいのかもしれませんね。

4.一緒に眠りについた時

大好きな彼女と一緒に眠りについた時も、彼女といると幸せだと感じる瞬間です。彼女が自分の腕の中や、すぐ手の届く距離にいるので、「寝てしまうのはもったいない!しばらく、寝顔を見ていよう」なんて男性もいるはずです。

スポンサーリンク