恋愛をしても、いつも片思いで終わってしまう・・。なぜ両思いになれないのか?なぜ片思いの相手に全く相手にされないのか?片思いの相手をなかなか振り向かせることができないで悩んでいる女性は多いでしょう。

今回はそんな好きな人に会いたいけど会えないと悩む女の特徴を紹介します。どれだけ願っても大好きな彼に近づけない・・。そんな悩める女性必見です。

スポンサーリンク

1.なんでもおまじないに頼る

恋愛にはたくさんのおまじないがあります。

  • 好きな人と両思いになれるおまじない
  • 好きな人と会えるおまじない
  • 好きな人から連絡がくるおまじない

ネットや本で調べると、それはたくさんの種類のおまじないを見つけることができます。

おまじないをすることで自信になり、プラスになることもあります。しかし、なんでもおまじないに頼っていても恋愛は実りません。現実は神頼みだけで、片思いの人と結ばれるなんてことはないのです。

するべき努力をせずに、全て神頼み・・。これでは好きな人に近づけないというより、近づこうとしていないと言った方が正しいかもしれませんね。

2.苦しい片思いに酔いしれている

片思いとは苦しく辛いものです。そしてその苦しく辛い気持ちに酔いしれて、悲劇のヒロインになっている女性がいます。自分では無意識なのでしょうが、悲劇のヒロインである自分が好きなのです。

  • 「私の恋は実らなくて、毎日心を痛めているの」
  • 「私の好きなあの人には、別に好きな人がいるの。私はそれを応援するわ」

このようなことを周囲に言い、悲しい女性を演じることで満たされてしまうのです。このようなタイプの人は、両思いになることよりも片思いでいることが好きなのです。両思いになった途端に冷めてしまうことも多く、常に片思いをして自分に酔いしれています。

一生幸せになれない不幸な女を辿る特徴ともいえるでしょう。あなたは大丈夫?悲劇のヒロイン症候群の女性の特徴9つの多くに当てはまる方は、このタイプかもしれませんね。

3.男性心理を全く分かっていない

男性の心理と女性の心理はまったく違います。女性の考えることをベースにして行動をしていても、男性の心には響きません。男性心理を理解しなければ、男性の心を射止めることはできないのです。

例えば、服装にしてもそうですね。女性が可愛い・お洒落だと思う服装は、男性受けが悪いものが多いです。男性は流行りのファッションよりも、いつの時代も清楚で可愛らしい服装が好きなのです。

また女性の間では、サバサバとした女性の方が好まれます。しかし、男性心理としては、あまりにサバサバしているタイプよりも、少しおっとりとした天然の女性の方が好きなのです。

スポンサーリンク