「この人頭の回転が速いなぁ」と感じさせる人って、なんだかかっこいいですよね。頭の回転が速いと仕事でも役に立つし、何より知的な女性はモテます。

なんとかして頭の切れる人になりたい!そんな方のために、今回は頭の回転が速い人の特徴と、頭の回転を速くする方法を紹介します。

スポンサーリンク

頭の回転が速い人の特徴10選

具体的に頭の回転が速い人というのは、どのような人のことなのでしょうか?まずはその特徴を解説していきます。

1.発想力とアイデアがすごい

会議や話し合いで行き詰まって、みんな意見を言わず沈黙する・・。誰もが経験したことがあることかもしれません。だけど、そんな中で新しいアイデアをすぐ思いついて発言できる。しかも、そのアイデアがどれも的を射ている。これが頭の回転が速い人の特徴です。

発想力とは具体的にどのようなものなのでしょうか?新しいアイデアというと、無から何かを生み出すイメージがあるかもしれません。だけど、むしろ発想力とは、既存の概念や材料をうまく結びつけて新しい価値を生み出す力のことです。

普段から物事や問題を深く考えて分析しているからこそ、過去の経験や知識と組み合わせて解決策をひねり出せる。それが頭の回転が速い人が重宝される理由です。

2.機転が利くので判断力が優れている

じっくり考えて結論を出す人と違って、頭の回転が速い人は状況を一瞬で理解する力に長けています。誰よりも速く問題を分析して考えて、その解決策をアウトプットできる。それが頭の回転の速い人の特徴なんですね。

ですので、頭の回転が速い人は、変化がめまぐるしくてスピード感のある職場に向いています。判断力があって人に信頼される上に仕事も早い。だからこそ、頭の回転が速い人は仕事で高く評価されるのです。

3.記憶力がすごい

記憶力が優れていることも、頭の良さの条件の1つです。だけど記憶力とは一体なんなのでしょうか?

記憶は短期記憶と長期記憶に分けられます。短期記憶とは、例えば何桁かのランダムの数字を見せられた時に、その場でぱっと覚えられる能力です。これはその後放っておくと自然に消えてしまう記憶です。

一方で長期記憶は、その名の通り長く頭に留まる記憶のこと。子供の頃の思い出話などをいつまでも覚えている人は、長期記憶が優れているということですね。

どちらの記憶力も大切なものです。頭をフルに回転させて情報処理をしつつ、何がベストな対策なのか過去の経験や知識から答えを導き出す。そのためには、短期記憶も長期記憶もどちらも不可欠です。

4.論理的な思考力に長けている

頭の回転が速く、いろんなことをぱっぱと思いつく。だけど、いざ話してみると意味不明で全く説得力がない。これでは意味がないですよね。では、説得力とは一体なんなのでしょうか?それはずばり、論理的な思考ができることです。

スポンサーリンク