なんとなく彼氏が自分のことを、「幸せにしたい」と思ってくれていたらいいな・・。こんな願望を持っている女性は沢山いるでしょう。しかし、幸せにしたいと思われるにはどうすればいいのか、いまいち分からないものです。

そこで今回は彼氏が彼女を幸せにしたいと思う心理とシチュエーションを紹介します。彼氏に大切にされたい女性必見です!

スポンサーリンク

彼氏が彼女を幸せにしたいと思う心理5つ

彼氏が彼女のことを強く思う理由は何なのか?詳しく解説していきます。

1.彼女の喜んだ顔が見たい

男性は大好きな人の笑顔を見るだけで幸せになれます。では、彼女を笑顔にするためにはどうしたらいいのか?それは彼女を幸せにすることです。

人は幸せな時に自然と笑顔になります。別に何か大きな幸せが舞い込んでくる必要はありません。日常に転がっている小さな幸せで、人は充分笑顔になれます。男性にとっては、大好きな彼女の笑顔がそれに当たるのです。

自分が幸せになるために、大切な人の笑顔が見たい!そのために、彼女を幸せにする必要がある。そんな心理が働いているのです。

2.運命の人だと勝手に盛り上がる

人は運命じみたものを感じると、その人と出会えたことに感謝します。そして、「奇跡的に出会えた運命の人を幸せにしなくては!」と思うのです。人は希少性の高いものほど、大切にしようとしますからね。

これは一種の錯覚なのかもしれません。しかし、恋人を幸せにしようとする動機としては十分です。運命というものを信じやすく、ロマンチストな男性ほど、この心理が強く働きます。

このタイプの男性は、付き合ってしばらくは「彼女を幸せにしたい!」というモチベーションが非常に高いです。しかし、時間が経つと急速に冷めてしまう傾向があります。自分に酔った熱しやすく冷めやすい男性と言えるでしょう。

3.失いたくないから

日頃からお世話になっている人には、感謝の気持ちがあると同時に、「相手を失いたくない」と思うのが普通です。これは別に男女の関係だからといって変わるものではありません。

失いたくない気持ちがあれば、相手に気に入られるために、「もっと彼女のために何かしたい!」「彼女が喜ぶにはどうしたらいいのか?」と考えます。この傾向は自分に自信がない男性ほど強いです。

「もし振られたら、もうこんなイイ女とは付き合えないかも・・」そんな相手を失いたくない気持ちが大きければ大きいほど、その思いも強くなります。

4.愛を再確認したとき

愛情を注いでくれる人に対して、自分も愛情を注ぐ。それが人間というものです。しかし、恋愛は難しいもので、相手の気持ちを素直に受け止められなかったり、当たり前のことだと軽んじたり・・。これは男女共に言えることです。

スポンサーリンク