年下好きの男性は非常に多いです。そんな彼らは年下女性のどんなところに惹かれているのでしょうか?また、年上彼氏と上手に付き合っていくためには何かコツがあるのでしょうか?

今回はそんな疑問を抱えている女性のために、年上彼氏の付き合い方と、男性が年下彼女を可愛いと感じる瞬間を紹介します。

スポンサーリンク

年上彼氏の付き合い方9つ

まずは年上彼氏との上手な付き合い方を紹介します。

1.素直に甘える

年上彼氏と上手く付き合うには、素直に甘えることが大切です。落ち着いた年上彼氏には甘えてはいけないような雰囲気があるかもしれません。しかし、年下彼女に甘えて欲しいと思っている男性は多くいます。素直に甘えることで、「可愛いな」と思ってくれるのです。

一方、甘えないと、「年下なのに可愛げがないな」なんて思われてしまいかねません。それではもったいないですからね。また、自分の気持ちに素直にならないと、自分も辛くなってしまいます。

もちろん、甘えすぎには注意が必要ですが、甘えたいときには甘える!それが、お互いのためでもあるのです。「甘えるなんて子供っぽい・・」そんなことを思って、甘えるのを躊躇ってはいけませんよ。

2.デート代の負担をさせすぎない

年上彼氏と上手く付き合うには、デート代の負担も考えなくてはいけません。もちろん、年上彼氏は同年代の男性に比べて経済力があります。だからといって、デート代を全部負担してもらっては、年上彼氏といえどもいつか辛くなってしまいますからね。

彼女をお姫様にしたい!だから、デート代は全て自分が払いたい。そんな男性もいますが、それはあくまでも少数派。ほとんどの男性が、「年上だし、奢らないといけないよなー」なんて苦々しく思っているのです。

  • たまには奢ってあげる
  • コンビニに行った時など細かいお金は出してあげる
  • 駐車場のお金は出してあげる

このようにするといいでしょう。ここで大事なことは自分もお金を出す気があるよ!としっかりアピールすること。そうすることで、例えデート代をほとんど負担していても、彼は不満に思わないのです。

3.大人の付き合いを楽しむ

彼氏との年齢が離れるにつれ、理解できないことは増えていきます。これがよく言うジェネレーションギャップというものです。しかし、せっかく年上の男性と付き合ったのですから、大人の付き合いを楽しむようにしていきましょう。

  • 普段聞かない音楽
  • 同年代ではいかない場所
  • 同年代でやっている人が少ない趣味

このように趣味趣向が違うのは、年齢が違うのですから当然です。もちろん、中には良さが分からないこともありますが、それも大人の経験として捉えれば、悪いことではありません。

スポンサーリンク