働かずに優雅に暮らしているように思われる専業主婦は、羨ましいと言われることが多いでしょう。しかし、専業主婦にだって悩みはあります。では世の中からは勝ち組のように思われている専業主婦の悩みとは、どのようなものなのでしょうか?

今回はそんな専業主婦の悩みあるあるを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.社会との繋がりがない

専業主婦の仕事は家のことをすることです。朝起きて、旦那と子どもの朝ご飯とお弁当を作ることからスタート。送り出したら、掃除に洗濯に買い物。少しだけゆっくりしたら、子どもが帰ってきます。おやつや夕食を用意したら、もうすっかり夜です。こうして、1日が終わってしまいます。

家族のために、毎日家事や育児をするのは立派な仕事です。守るべきものがあるのも、無理に働かなくていいのも幸せなことです。周囲からは羨ましい奥様に映るでしょう。しかし、毎日家とスーパーの往復で家族のためだけに動いていると、ふと社会から取り残されているような感覚になるのです。

社会との繋がりがなく、自分が世の中に置いていかれているような気がして悲しくなってしまうことがあるのは、専業主婦のあるあるです。

2.子育てに追われる

兼業主婦で仕事をしている人には、仕事があります。家事や子育てに追われるというよりは、仕事に追われる毎日です。

仕事で離れている時間があると、子どもに優しくできたりもするものです。しかし、専業主婦は、ずっと子どもと向き合わなくてはいけません。特に幼稚園前の未就学児の子であれば、1日相手をするわけです。

もちろん母として幸せなことで、兼業主婦からしたら羨ましいことかもしれません。しかし、ずっと子どもと一緒にいることで、逆に子育てに追われているような感覚になります。

寝ても起きても子育て。まったく自分の時間がありません。兼業主婦のように、子供から離れて違うことを行う時間が殆どありません。

このような毎日を窮屈に感じ、子育てに追われて疲れてしまうのも専業主婦の悩みです。そしてそれをなかなか理解してもらえないのも辛いところなのです。

3.自由に遣えるお金が少ない

専業主婦をしているということは、旦那の収入だけでも家計が成り立つということでしょう。これは働かなくてはいけない家庭にとっては羨ましい話で、まさに勝ち組ともいえます。

しかし、家計が成り立つからといって、誰もが裕福で余裕があるわけではありません。ぎりぎりの中でやりくりしているという人も多いのです。

本当は欲しいものだってたくさんあるはず。美容院に行ったり、オシャレなランチに行ったりもしたいはずです。しかし、なかなか自由に遣えるお金がありません。

働いているほうが、自分のお金をある程度自由にできたりします。そんな兼業主婦を見て、働いている人はいいなと感じるのです。

スポンサーリンク