素敵な友達は、人生を輝かせる大切な存在です。だけど、時には「友達いらない!」と思ってしまう時もありますよね。また、中には特別なことはなくても、常に友達をいらないと思っている人もいるのです。

今回は友達がいらないと思ってしまう瞬間と、そう思う人の心理を紹介します。

スポンサーリンク

友達なんていらないと思うとき4つ

仲良しだったはずなのに、ちょっとしたきっかけで「もう友達いらない!」と思ってしまう・・。それは一体どんなときなのでしょうか?

1.嫉妬したりされたりで疲れた

嫉妬は人間の感情の中で、とても強いものです。そのため、嫉妬によって人間関係がこじれるのもよくあることなのです。例えば、ありがちなのは、以下のようなパターンです。

  • イケメンの彼氏ができた途端、まわりの友達が冷たくなる
  • 結婚をしたら、なぜだか独身の友達が離れていった
  • みんなに妊娠報告をしたら、不妊に悩む友達がよそよそしくなった

例えば、自分も彼氏がいたり結婚して幸せなら、周りの人を妬むことはありません。だけど、「なかなか結婚できない・・」なんて悩んでいる時に、人から幸せな報告を受けたら・・。心から祝ってあげられなかったり、つい羨ましくなってしまいますよね。

誰かのことを嫉妬してしまったり、逆に嫉妬されて嫌な思いをしたり・・。そんな経験を経て、「もう人間関係が嫌!友達としばらく関わりたくない!」と思ってしまう女性も多いのです。

2.まわりの友達がどんどん結婚&出産

学生時代や独身の頃はとても仲がよかったのに、友達が結婚や出産をしたら急に疎遠になる。女の友情にはよくあることです。家族ができると自由に出歩けないし、旦那さんがいる友達はなんだか気軽に誘いづらいですよね。

また、既婚や子持ちの友達と会っても、話題は結婚生活や育児のことばかり。最初は黙って聞いていたけれど、だんだんノロケばかりで聞くのが辛くなってきた。ある時は、夫や子どもの愚痴を言っているけれど、なんだか幸せ自慢に聞こえてきたり・・。

結婚適齢期の女性だと、家庭をもって幸せな友達に対して、「いつになったら結婚できるの?」なんて思うことも・・。彼氏に振られた直後など、「しばらく幸せそうな友達に会いたくない!」なんて思ってしまうのは、よくあることなのです。

3.SNSで友達の幸せ自慢を見てしまった

現代人が友達と繋がる便利なツール、SNS。時には、タイムラインを見ていてモヤッとすることはありませんか?友達が海外旅行やパーティで楽しむ写真をアップしていていると、なんだか羨ましくなったり、知人の結婚や出産の報告を見て少し妬ましくなったり。

みんなが充実した生活を送っているのを見て、「私は旅行なんていく暇がない」「結婚どころか彼氏すらいない」なんてモヤモヤしてしまう女性は多いものです。

他人の情報がすぐに入ってきてしまうからこそ、ストレスにもなるんですね。その結果、「もうみんなの近況なんて見たくない!友達なんていらない」と思ってしまうのです。

スポンサーリンク