日本の晩婚化が進んでいるせいか、子供を持たない夫婦も増えています。だけど、世の中には、「子供がいてこそ夫婦の幸せだ!」なんて考える人もいます。果たして本当にそうなのでしょうか?

この機会に子なし夫婦のメリットとデメリットをしっかりと考えていきましょう。

スポンサーリンク

子なし夫婦のメリット4つ

子供がいないというのは、本当に不幸なことなのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。子なし夫婦にだって、メリットはあるのです。

1.いつまでも夫と向き合っていられる

子供が生まれてしまったら、もう夫と妻だけの関係ではいられません。呼び方も自然と「お父さん」「お母さん」になります。子供のいる家庭は、どうしても子供中心の生活になってしまうんですね。

だけど子なし夫婦なら、いつまでも夫と2人の時間を楽しんでいられます。その分、きちんと相手と向き合うことができるのです。「お父さん」「お母さん」の関係にならず、いつまでも恋人のような子なし夫婦も多いですよ。

2.貯金や生活費を夫婦のためだけに使える

子供1人育てるための教育費、時には何千万円という単位で必要になってきます。子なし夫婦なら、それをすべて自分たちのためだけに使うことができます。ですので、子供がいる家庭よりも断然リッチな暮らしができるのです。

自由に使えるお金も多いので、毎年好きなように旅行に出掛ける子なし夫婦も多いです。妊娠・出産をしなかった女性は、積み上げてきたキャリアが途絶えることもありません。だからこそ、いつでも夫婦共働きで、さらに余裕のある暮らしができるんですね。

3.離婚へのハードルが低い

これは人によってはデメリットと思われるかもしれません。だけど、子供がいないからこそ、離婚したい時にすぐ決断ができる。これは女性にとって選択の自由があるということです。

子供がいて、しかも専業主婦やパートの女性は、いくら夫が嫌いでも簡単に別れることができません。「夫と別れたら子供を育てられる自信がないし、貧困に陥る。なんとか我慢するしかない!」辛いですが、現実にある話です。

子なし夫婦なら、そこは比較的自由に選べます。離婚してまた新たなパートナーと出会ったり、事実婚を選択したり。結婚や恋愛を存分に楽しめる幅があるのです。

4.子育てに悩まされることがない

子育てはとても大変なことです。夜泣きで寝不足になったり、保育園に入れるか悩んだり・・。思春期になれば反抗期。非行に走ったり、時に犯罪を犯す可能性もあります。子供が何かをしでかしたら、その全責任を被るのは親です。

子供を産み育てるというのは、その子の人生をすべて背負うということ。子なし夫婦であれば、そんな責任やリスクを負わずに済むのです。

子なし夫婦のデメリット5つ

残念ながら、子供がいないことのデメリットもいくつか存在します。一つずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク