「うざい!」という言葉。この言葉を簡単に言う人もいますが、言われた方は重く受け止め落ち込んでしまいますよね。ましてや他でもない自分の彼氏にうざいと言われたら・・。傷ついてどうしていいのか分からなくなる女性もいるでしょう。

そんな女性のために、今回は彼氏にうざいと言われたときの対処法と、うざいと言う男性心理を解説していきます。

スポンサーリンク

うざいと言う男性心理7つ

まずはなぜ人の傷つくことを言うのか?うざいとストレートに言う男性の心理を紹介します。

1.照れ隠しで言ってしまう

男性は照れ屋さんが多いです。そしてその照れた感情を隠すために、つい汚い言葉でその場をやり過ごしてしまうことがあります。

例えば、「○○くんって本当に何でもできて素敵だよね!」と褒めたとします。ここで「そんなこと言われて嬉しいよ。ありがとう。」なんて素直に言える男性は半分もいません。

嬉しい気持ちはあるのですが、それよりも恥ずかしい気持ちが大きく、本心とは違う言動をとってしまうのです。その結果、褒められているのに「うざい」と発言してしまうのでしょう。

少し赤面して吐き捨てるように言った「うざい」と言った場合は、恥ずかしいための照れ隠しと思って良いでしょう。

2.愛情の裏返し

小さな男の子は、好きな女の子に対して意地悪をしてしまうことがあります。好きだからこそ素直になれずに、つい傷つくようなことを言ってしまうのです。

そしてそのまま大人になってしまった男性。好きな子に意地悪をするのと同じ感覚で、好きな女性に「うざい」と言ってしまうのでしょう。好きな女性が近くにいて嬉しい。話しかけてきてくれて嬉しい。それなのに素直にその嬉しさを表現できずに、うざいと言って遠ざけてしまうのです。

言った後は、いつも後悔・・。それでも、ついまた言ってしまうのです。あまのじゃくで素直になれない男性の典型ともいえるでしょう。

3.別になんの意味もない

小さい頃から男兄弟の中で喧嘩して大きくなってきたような男性にとって、「うざい」という言葉は日常で飛び交う言葉です。特に人を傷つけるという意識もなく、何の意味もなく、当たり前のように使っている場合があります。

当たり前に使う言葉のため、女性に対しても無意識に使っているのでしょう。本当にうざいわけではなく、嫌なわけでもなく、ただその場の流れで「お前うざいなー」なんて言ってしまうのです。

このような男性は、あなたにだけでなく、他の誰に対しても少し言葉遣いが悪いはず。もしそうなら、深く考えない方がいいでしょう。

4.本当に鬱陶しい

うざいという心理として、本当に鬱陶しいと感じている場合もあります。うざいという言葉には、「鬱陶しい」「面倒くさい」「うるさい」「調子のるな」「近寄るな」という色んな意味が込められています。このような言葉を総じて、うざいと一言でまとめて片付けるのです。

スポンサーリンク