彼女の友達という立場であるが故に、友達の彼氏から相談された経験はないですか?友達の彼氏に相談されると、このことを友達に言うべきか?後でばれて、誤解されないか?そんなことが気になり不安になりますよね。

何も悪いことをしていないのに、なんだか後ろめたい気持ちでモヤモヤ・・。そんな女性のために、今回は友達の彼氏に相談されたときの注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

1.隠すなら絶対にばれないように

友達の彼氏に相談されたのであれば、その彼氏は彼女に言えないようなことがあったのでしょう。当然、彼女には秘密にしてほしいはずです。

もし相談を受けると決めたのであれば、あなたも秘密にしなければいけません。そして隠すのであれば、絶対にばれないようにしてください。友達に知られてしまっては、友達とその彼氏の両方を傷つけてしまいます。

もし電話やLINEで相談を受けるのであれば、その履歴はお互いに消去。もし会って相談を受けるのであれば、誰にも会わないような場所で会いましょう。

なんだか浮気でもしているかのような罪悪感があるかもしれませんが、これも友達を傷つけないためです。隠すなら完璧に隠し通すようにしてください。

2.夜遅くにこそこそ会わない

かといって、あまりにこそこそ会うのは余計に怪しいです。あくまで彼女の友達という立場で相談を受けるわけです。時間と場所をわきまえて会うようにしましょう。

まず夜遅くに会うのは避けてください。万が一情報が漏れた時に言い逃れができません。相談であれば昼間でも良いはずです。昼と夜では印象が大きく異なることを覚えておきましょう。

また部屋などの密室は避けてください。相談とはいえ、自分の彼氏と友達が密室で話すなんて嫌ですよね。公園やカフェなど昼間で人目があるような場所を選んでください。ただ、知り合いのいない場所を選ぶことを忘れずに。

3.できれば二人きりは避ける

相談したいと友達の彼氏に言われた時に、二人きりでは良くないという提案をしましょう。相談であれば、もう一人友達を誘っていいか確認してください。

二人でなく三人であれば、もしばれた時も嫌な思いをさせずに済みます。むしろ、自分の恋愛に友達を巻き込んでしまい申し訳ない気持ちすら込み上げてくるはずです。

相談は友達と一緒に。これだけで後々のリスクが軽減されますよ。

4.友達のことを悪く言わない

友達の彼氏からの相談内容には様々なものがあります。中には、彼女を悪く言うこともあるかもしれません。愚痴っぽくなることもあるでしょう。しかし、そんな相談になっても、友達を悪く言うことに便乗したり同調してはいけません。

あなたは友達です。相談されたからと言って、友達のことは絶対に悪く言わないように注意しましょう。

スポンサーリンク