付き合っている彼氏に別れを告げるのは、とても大変なことです。会って顔を見てしまうと、なかなか別れの言葉を告げるのも難しいですね。そこで便利なのは、やはりLINEやメールです。

できれば文面で別れを告げたいと考える女性も多いでしょう。しかし、LINEやメールで別れを告げるにも、その文章にもまた頭を抱えてしまいます。そこで今回は彼氏に別れを告げる振りLINE&メールの例文を紹介します。

スポンサーリンク

1.別れましょうとだけ一文送る

別れる彼氏にはグダグダと長い文章を送る必要はありません。もうストレートに一言、直球で伝えるのが一番パンチもあり心に響くでしょう。

  • 別れましょう
  • 別れてください
  • もう別れたいです

スタンプや絵文字はもちろんなし。そして句読点すらなし。自分の今の気持ちのみを一言伝えましょう。

直接や電話であれば、一言だけというわけにはいきません。その理由や原因なども話さなければいけなくなります。しかし、LINEやメールだからこそ、投げっぱなしにしておけるのです。彼氏がどんな返事をしてくるかはわかりませんが、あなたの強い決意は一言で伝わります。

2.LINE&メールで送る理由を伝える

別れの言葉は、直接会って話してほしいと思う男性も多いでしょう。そこで、それを言われる前に、なぜ今回別れの言葉をLINEもしくはメールで伝えることにしたのかを伝えておくと良いでしょう。

「別れましょう」その後に、「本当だったら直接伝えるべきだと思う。でも顔を見ると言葉が出なくなってしまうので、文章で伝えさせてください。ごめんね!」そう先手を打って伝えるのです。

そうすることで、直接会って話が聞きたいというセリフは、彼氏の方からは言えなくなります。また、LINEやメールで別れの言葉を言われることに、多少なりとも納得してくれるはずです。

3.とても考えての結論だと伝える

LINEやメールで別れを伝えても、その後別れたくないと彼氏の方から説得されることも多いかもしれません。それでは、せっかく勇気を振り絞って別れを告げたのに、その後何度も連絡を取り合うのは精神的にも疲れてしまいます。

そこで別れを告げる文章には、自分が何日も何日も考えて出した結論であり、何があっても揺らがないということを一緒に伝える必要があります。

「今回別れを決めたのは、実は少し前からなの。すごく考えて、自分の中でもやり直せないか頑張ってみた。人にも相談した。でも最終的に本当に何日も考えて、別れることが一番いいと思った。勝手かもしれないけど、この気持ちが変わることはない。ごめんね!」

これだけの決意を伝えれば、もう彼氏もそれ以上のことは言えません。納得したくなくても納得せざるを得ない状況にさせるのです。

4.最後に感謝の気持ちをいれる

別れを告げる振りLINE&メールは相手に大きなダメージを与えます。そこでそのダメージを少しでも和らげるように、今まで付き合ってきたことの感謝の気持ちを締めくくりに入れるようにしましょう。

スポンサーリンク