付き合いたてで幸せの絶頂にいる女性。毎日が楽しくて仕方ないことでしょう。そんな付き合いたての初々しいカップルだからこそ感じることできること、経験することのできることってありますよね。今回はそんな初々しいカップルあるあるを紹介していきます。

スポンサーリンク

1.同時に電話やLINE

付き合いたての時期は、いつでも相手のことを考えてしまいます。会えない時間は、何しているのかな?と常に気になってしまうでしょう。そしてその気持ちを抑えきれずに、相手に電話やLINEをします。

そしてそれをしてしまうのが、お互いなのです。どちらか一方ではなく、どちらも同じ気持ちです。

  • 電話してみような?と思って携帯を開いたら相手から着信がきた!
  • LINEしような?と思って文章をうっていたら相手からLINEがきた!

このようなことが頻繁に起こります。「今ちょうど私も電話しようとしてたからビックリしちゃった。」なんて言えば、「なんか運命でね。通じ合っているね。」という熱い言葉が返ってくるでしょう。

付き合いが長くなると、そこまで相手のことばかり考えることはなくなり、同時に電話やLINEがくるなんてことも少なくなります。これは初々しいカップルならではのあるあるですね。

2.少し距離がある

街を歩いているカップルを見ていると、「あの二人は付き合い長そうだな。」「あのカップルは付き合いたてだろうな。」というのが何となくわかります。それはその二人の距離感に出ているからです。

付き合いたての初々しいカップルは、まだ少し二人の間に距離があります。手を繋いでいてもなんだかぎこちなく、初々しい雰囲気が出てしまうのです。

一度手を離すと再び手を繋ぐタイミングを考えて逃してしまったり、手を繋いでいるけれど少し体は離れていたり、そんな距離がまた初々しくて楽しい時期ともいえるでしょう。

3.この後どうする?にドキドキする

付き合いたてのカップルは昼間のデートを楽しんだ後、この後の予定を決めるときに異様にドキドキしてしまいます。まだ一夜を共にしたことのない二人。いつその一線をこえるのか。こえていいのか。これはお互い考え悩むところでもあります。

もちろん、お互い深い関係になりたいという希望はあると思います。しかし、「まだ早いかな?」「もういいのかな?」というのを話し合うわけにもいかずに、毎回デートの後の予定を探りながら聞き合うのです。

晩ご飯を食べて、もう20時。さてこの後は帰る?もう一軒飲みに行く?それともうちに来る?

この予定を決める時に、相手の気持ちを読み取りつつ、ドキドキしてしまうのです。どちらかの部屋に行くということになれば、その日二人は深い関係になるということ。だからこそ予定を決めるときは、二人の関係を進ませる日かを決めるときでもあり、よりドキドキするのです。

こんなことでドキドキできるのも付き合いたてだけですね。それが初々しくて素敵な時期なのです。

スポンサーリンク