あまりに積極的で強引な彼氏だと、一緒にいて疲れてしまいますが、反対におとなしくて消極的すぎる彼氏も、イライラして疲れてしまうことがあります。なんでうちの彼氏はこんなに消極的なの?どうしてそんなにイライラさせるの!と悩んでいませんか?

そこで今回はイライラさせるおとなしくて消極的な彼氏のあるあるを、いくつか紹介していきます。これを読めば、私の彼氏だけじゃなかった!と少し安心できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

1.レストランで店員を呼べない

二人でレストランに行った時。さぁ、何を食べようかと二人でメニューを見ます。そして食べたい物が決まったら店員さんに「すみません」と声かけます。

この流れは普通なら当たり前のように、彼氏が声をかけてくれるはずです。しかし、おとなしくて消極的な彼氏だと、この声掛けができないのです。店員さんを呼ぶことが恥ずかしくてできず、いつも店員さんを呼ぶのは彼女。

周囲を見ても、男性が普通にやっていることを、彼女に任せてくるこの消極的な彼氏に、レストランで食事をするたびにイライラがつのります。ファミレスのような呼び出しボタンがあるところの方が、安心して食事を食べに行けるのかもしれませんね。

2.いつもデートのお誘いは女性から

おとなしくて消極的な彼氏。付き合うきっかけとなったのも、おそらく女性の方から告白をしたのではないでしょうか?好きという気持ちがあっても、勇気が出せずに告白できないので、痺れを切らした女性の方が告白なんてパターンも珍しくありません。

それは付き合い始めてからも同じです。電話するのも、LINEやメールをするのも、デートのお誘いをするのも、いつも女性からです。

  • 「次の日曜空いてる?」
  • 「あの映画観に行かない?」
  • 「今度旅行しない?」

本当は彼氏に計画して提案してほしいような内容ですが、いつもそれをするのは彼女・・。だんだん、それが慣れて当たり前になってしまいますが、やはり不満は募りイライラ・・。これも消極的な彼氏あるあるです。

3.優柔不断で何も決められない

おとなしくて消極的な彼氏は、そのほとんどが優柔不断です。決断力がなく、物事を決めることが苦手なのです。さっきまでYESだったことが、人の意見に流されて簡単にNOになってしまうこともよくあります。

そんな優柔不断で、自分の意見も持たずにフラフラしてしまう彼氏に、彼女は男らしさを感じることができずにイライラします。「男なら自分で決めたことを貫き通しなさいよ!自分の意志を持ちなさいよ!」なんて説教したことのある人も多いのではないでしょうか。

ついつい母親のように怒ってしまうのも、おとなしくて消極的な彼氏をもつ彼女のあるあるかもしれませんね。

4.ここぞという時に決めてくれない

どんなにおとなしくても、消極的でも、ここぞという場面で決めてくれれば、それでチャラになることってありますよね。

スポンサーリンク