「もしかして、夫が会社の部下と不倫してたりして・・」そんなふうに心配になることはありませんか?いくら信頼している夫でも、会社ではどんなふうに過ごしているかわかりません。「部下とはどんな関係なんだろう?」と不安になることもありますよね。

今回は職場で上司と部下が不倫するきっかけを紹介します。「うちの夫は大丈夫!?」と不安な奥様、必見です!

スポンサーリンク

1.部下から猛烈なアプローチを受けて

社内で不倫するというのは、とてもリスクが高いものです。家庭を壊すかもしれないし、万が一社内で噂になったら大問題。ですので、「部下には手を出したらまずい」と思っている男性がほとんどです。

そんな高いハードルを超えて不倫に発展してしまうのは、例えば部下から猛烈なアプローチを受けた場合。意外と既婚者はモテるものです。人の旦那というだけでかっこよく見えたりするし、「既婚者なら後腐れなく遊べる」なんて考える肉食系女子もいるのです。

ちょっと可愛い部下からぐいぐい攻められて、最初はまずいと思っていたけれど、結局勢いに負けた・・。そんなきっかけで始まる不倫は珍しくありません。夫が可愛い肉食系女子のターゲットにならないように祈るばかりですね。

2.飲み会の後酔った勢いで

お酒の力は恐ろしいものです。酔っ払うと人は理性をなくします。普段は「不倫なんてとんでもない」と思っているのに、お酒のせいで性欲が高まり、ついつい部下に手を出してしまう・・なんてこともあるんですね。

ただし、飲み会とは言っても部署内のみんなで飲みに行ったり、誰かの歓送迎会だったりすることが多いです。大人数が集まる飲み会なら、他人の目があります。ですので、すぐに不倫に発展することは考えづらいです。

お酒の席で女性に下手に手を出すと、まわりから「セクハラだ!」なんて言われる可能性もあります。夫が、「今度会社で飲み会だから遅くなるよ」なんてあっさり言えるようなら、それは本当に普通の飲み会でしょう。危険性は意外と少ないのかもしれません。

3.単身赴任になった

多くの既婚者は、たとえ不倫の願望があっても、実行に起こすことは少ないです。妻を愛しているのはもちろん、「家族にバレたら・・」と想像すると、他の女性に手を出す気も失せるんですね。

だけど一番危険なのは、単身赴任になって家族と離れた時。妻に会えない寂しさで、人肌恋しくなってしまう男性も多いのです。また、妻の目がないので、「バレないから大丈夫かな」なんて油断して不倫してしまうこともあります。

もし夫が単身赴任になったら、やはりなるべく頻繁に会いに行くのがベターです。夫にさみしい思いをさせずに済みますし、不倫をさせないブレーキにもなります。

4.家庭で居場所を失った

本来であれば、家庭はサラリーマンが心を安らげる癒やしの場所。それなのに、「家には俺の居場所がない・・」と感じる男性も少なくありません。そしてそんな男性は、不倫をする可能性が高いと言えます。

新婚の時はラブラブだったのに、妻が仕事や家事・育児に追われ、毎日ぴりぴりしている。そんな家に帰るのがだんだん辛くなってきた・・。これはよくあるパターンです。

だけど、そんな時に可愛い部下が、優しく声をかけてくれたら、ついつい妻と比較して、「たまにはこんな若くて可愛い子と遊びたい!」と思ってしまうものなのです。夫の不倫防止のためにも、家庭円満が大切ですね。

スポンサーリンク