たまにはイケメンに、甘い言葉で口説かれてみたい・・。女性なら誰もが妄想してしまうことです。最近の男性って頼りない受け身な人が多いから、時にはぐいぐい来てほしいですよね!

今回は女性がときめいてしてしまう口説き文句をいくつか紹介します。理想の口説かれ方を妄想して、一緒にキュンキュンしちゃいましょう!

スポンサーリンク

1.「他の男にとられたくない!」

嫉妬は、恋を盛り上げる最高のスパイスです。特に独占欲や競争心に駆られた男というのは、なかなか情熱的。「他の男にとられたくないから、俺のものになってほしい!」こんなこと言われたら、キュンとしてしまいますよね。

このように男を焦らせる女というのは、例外なくいい女です。モテる女だからこそ、常にまわりの男が狙っていて、タイミングを逃すと奪われてしまうと考えられます。

「他の男にとられそう・・」と焦るということは、それだけ相手を女性として高く評価しているということなのです。

2.「大好き」「愛してる」

なんだかんだ言っても、シンプルな愛情表現は一番心に響くものです。「大好きだよ」なんて目を見て言われたら、心がなびいてしまいそうですよね。

付き合う前の段階で、相手に好意を示すのはなかなか勇気がいることです。男性はデリケートな生き物なので、女性に「好き」と言ったのに拒絶されてしまったら、なかなか立ち直れません。ですので、普通は相手の女性にも好意があるか、脈があるかを探る男性が多いです。

そんな中で、勇気を持って相手にまっすぐ気持ちを伝えられる。これは、それだけ好きな気持ちが強いということです。恋愛には受け身の草食系男子が多い昨今、なかなかレアな口説き文句と言えそうです。

3.「結婚を前提にお願いします」

10代の頃なら、ちょっとやんちゃで悪い男が好きだったかもしれません。だけど、大人になると「やっぱり誠実な男が一番よね」と思い始める女性が多い!ということで、「結婚を前提にお願いいたします」なんて言われると、くらっと来てしまう方も多いはず。

同じ口説き文句と言っても、いろいろなテンションのものが存在します。ちょっと遊んでみたいだけだったり、結婚は考えていないけど試しに付き合ってみたいだけだったり・・。

そんな中で、「結婚を前提に・・」というのは、それだけ男性の本気度が高いということです。「中途半端なことはしたくない」という真剣度もわかりますよね。

4.「そばにいて守ってあげたい」

仕事で辛くて弱音を吐いた時や、ついついこらえきれず泣いてしまった時・・。男の人に「守ってあげたい」なんて言われたら、一瞬で落ちてしまいそうです!

「君を守る」なんて、なかなか強い気持ちがないと言えない言葉です。泣いている彼女を励ましたくて、ついついその場の勢いに任せて言ってしまった・・なんて男性も少なくありません。弱っている女性を目の前にして、強いオスとしての本能がくすぐられてしまったわけですね。

5.「今まで会った中で一番可愛い!」

嘘でもいいから「君が一番!」と言われてみたい・・。そんなふうに思ったことはありませんか?女性は誰しも、そのような願望を持っているはずです。

スポンサーリンク