男性が大っ嫌いなデート。それは女性と一緒にショッピングすることです。女性も何となく分かっていますが、めんどくさい程度に思っているのではないでしょうか?

そこで今回は何故男性が買い物デートを嫌がるのか知りたい女性のために、彼らが心底嫌う理由を解説していきます。これを見ても、まだ買い物デートに誘いますか?

スポンサーリンク

1.答えが決まっているなら2択を迫るな!

男性が買い物デートでうんざりすることの代表例です。「これと、これ。どっちが似合ってる?」と頻繁に聞いてくるのに、答えた意見は完全無視。

自分の気に入っている方を選べば、「やっぱりそうだよね!」と喜びますが、気に入らない方を選択すると「でも、この部分が・・色もな~」と文句を言って却下。「だったら、最初から聞くなよ・・」これが男の本音です。

もちろん、そういうやり取りも楽しいのでしょうが、毎回買い物デートをするたびに何度も聞かれれば、「なんだよこの茶番。ほんとめんどくさい女・・」とあなたの印象まで大幅に悪化するでしょう。

2.時間配分おかしいだろ?

もちろん、ショッピングが大好きな男性もいます。しかし、そんな男性も女性との買い物デートを敬遠します。その理由は、時間配分です。

デートはお互いが楽しむものですよね?どちらか一方だけ満足して、もう一人が不満を募らせていたら良いデートだとは言えません。

買い物デートをしているカップルの多くが、女性の店ばかり移動しています。ひどい場合だと、彼女9割で彼氏1割何て場合も・・。

覚悟を決めて嫌々付き合うならまだしも、自分も楽しみたいと思っていてるのに、この理不尽な時間配分・・。誰だってうんざりしますよ。

「俺も見たいところあるから別行動しよ」と言っても、「はぁ?それじゃ、デートじゃないし!」と言われる始末・・。それなら、最初から買い物デートは徹底拒否!となるのも当然です。

3.とにかく長い!早く決めろ!

これは人にもよりますが、ささっと買い物を済ませる男性と違い、多くの女性はじっくり選ぶ傾向があります。その過程も楽しんでいますからね。それが男性には優柔不断に見えてしまうのです。

「どれだけ選ぶのに時間かけてるんだよ。どっちも、そんなに変わらないし・・」これが男の本音です。

4.同じ店に何度も逆戻りは勘弁・・

「また、ここに戻ってくるのかよ・・」同じ店を何度も行き来して迷うタイプの女性は、男性を心底うんざりさせます。

一度や二度なら問題ありませんが、永遠とふらふらしているタイプの女性だと認識されたら、次からは買い物デートを完全拒否されること間違いなしです。

スポンサーリンク