なぜか悪い男にばかり捕まって、最終的に騙される・・。そんなふうに悩んでいませんか?どうしていつも騙されてしまうのか、なんとも悩ましいですよね。

騙され体質というのは、幸せを遠ざけてしまうものです。そこで今回は騙されやすい人の特徴と、その恋愛傾向について解説していきます。

スポンサーリンク

騙されやすい人の特徴5つ

騙されやすい人と、そうでない人の違いはなんなのでしょうか?まずは騙されやすい人の特徴を見ていきましょう。

1.純粋ですぐに人を信じてしまう

騙されやすい人は、人を疑う気持ちを持っていません。だから簡単に人を信じてしまうのです。純粋なのはいいことですが、それも行きすぎるとよからぬことを招きます。

街中で道を聞かれたので親切に答えてあげたら、実は怪しい勧誘だったり。「何もしないから泊めて」と男性に言われて家にあげたら、襲われそうになったり・・。そういうふうに、どこにでも悪い男はいるものです。

何回か騙された経験があっても、騙されやすい人は、人を疑いません。「みんな根はいい人だよ」と信じる気持ちがあるんですね。ですので、いくら騙されてもなかなか学習しないのです。

2.自分の意見を持っていない

騙されやすい人は、あまり自分の意見を持っていないせいで、流されやすい傾向にあるようです。そのせいで、人に強引に迫られると、つい従ってしまうのです。

普通の人だったら、「これはおかしいぞ」と思うようなことでも、騙されやすい人は気がつきません。普段から物事を深く考える癖がないので、ついつい気安くオッケーしてしまうようです。

だけど、実は危ない誘いだった、なんてことは少なくありません。普段から自分の考えをしっかり持っていないと、いざとなった時に正しい判断ができなくなります。そんな判断力のなさが、騙されやすい人の特徴だと言えます。

3.無知で世慣れしていない

騙されやすい人がなぜ騙されやすいのか?それは社会経験が少ないことも理由に挙げられます。学生はまだ社会に出ておらず、世間をよく知らないから騙されてしまう部分もあります。

子供に限らず大人になってからも、なんだか世間慣れしていない雰囲気の女性もいますよね。いい大人なのになんだか世間知らずで浮ついている・・。こんな女性は思考が幼いせいで、経験を生かせないのかもしれません。

4.心に寂しさを抱えている

詐欺師や悪い人は、心が弱い人につけ込むと言います。幸せだったり自分に自信がある人なら、悪い男の甘い言葉に騙されることはありません。

一方で、なんだかいつも寂しくて、欲求不満を抱えている。こんな人は、騙されやすいです。ただ、騙されやすい人自身も、相手が嘘を言っていることに薄々気がついていることもあります。

スポンサーリンク