「今日も会社に行くと、怖いあの人がいる・・」そういうふうに思うと、朝からゲンナリしてしまいますよね。職場で毎日顔を合わせなければいけないし、なかなか深刻な悩みです。

一体どうすれば、このストレスから解放されるのでしょうか?今回は職場にいる怖い人の上手な対応を紹介します。

スポンサーリンク

1.何を言われてもさらっと流す

職場の怖い人って、どう接したらいいのか難しいですよね。「異動になってくれないかなぁ・・」なんて願ってしまうものですが、そんなラッキーはなかなか起こりません。結局職場では、嫌な人ともうまくやっていく術を身につけないといけません。

相手が怖い場合には、重要なのはとにかく気にしないことです。厳しい口調で注意されても怒鳴られても、さらっと流せるメンタルの強さを身につけましょう。とは言っても、なかなか難しいことですよね。

ポイントとしては、何か言われた時には、「仕事のやり方で注意を受けているだけで、個人攻撃されているわけではない」と自分に言い聞かせましょう。あくまでも仕事と個人的な感情は分けて考えるのです。

そうすれば、「怒られて怖い」「嫌われている気がして辛い」という気持ちはなくなり、「あくまでも仕事のことでアドバイスを受けているだけ」と考えられるはずです。

2.仕事でミスしないように気をつける

怖い人も、何かしら理由があって怖い態度をとっているものです。例えば、仕事のミスをした人には厳しかったり、気持ちがたるんでいる人には喝を入れてきたり。

怖い人も、別に同じ職場の同僚を嫌っているわけではないのです。怖い人に怒られたくないのなら、とにかくミスに気をつけて、ボロを出さないようにしましょう。

また、ずっと同じ職場にいれば、怖い人がどんなポイントで怒るのか、わかるはずです。怖い人に注意されそうなことを事前に察知して、やらないようにすることも大切ですね。

怖い人に怒られないように先回りして対処できれば、仕事のスキルも向上していきます。

3.あえて積極的にコミュニケーションをとる

職場での怖い人って、なんだかとっつきづらくて、苦手意識が出てきてしまいますよね。「できる限り関わりたくない!」と思っている女性も多いかもしれません。

だけど苦手だからと言って避けていては、ますます相手が怖くなってしまうだけです。苦手な人だからこそ、あえて積極的にコミュニケーションをとるのも大切なことです。

じっくり話してみれば、「意外と悪い人じゃないかも」と思えるかもしれません。また、怖い人もあなたと打ち解けて、心を開いてくれるはず。関係がよくなる可能性もあります。

4.オフの時間を思い切り楽しむ

怖い人がいる職場って、なんだか空気が張り詰めていて、気疲れしてしまいますよね。仕事をしていると、時にはやりたくないこともあるし、苦手な人と付き合っていかないといけないし・・。何かとストレスを感じてしまうものです。

スポンサーリンク