付き合っている彼氏が、なんだか気難しくてすぐに機嫌を損ねる・・。「なんでそんなに気難しいの!?」と戸惑ってしまいますよね。そんな彼氏に悩んでいませんか?

一体どうすれば、彼氏とうまく付き合っていくことができるのでしょうか。そこで今回は気難しい彼氏の上手な扱い方を紹介します。

スポンサーリンク

1.褒めてプライドをくすぐる

気難しい彼氏は、プライドが高い人が多いです。ですので、たくさん褒めてあげることで、自尊心が満たされていい気分になります。ぜひ、彼氏を積極的に褒めてあげましょう。

褒める内容はなんでもいいです。「かっこいい!」と外見を褒めたり、性格について「優しいよね」「頭がよくて素敵」などなど・・。思ったことを、なんでも素直に褒めてあげましょう。

褒めることによって、あなたが彼氏を尊敬する気持ちが伝わります。そして彼氏は、「この子は俺のことをちゃんと尊敬してくれている」と安心することができます。それがいい関係に繋がるのです。

2.彼氏が嫌がるポイントを熟知する

気難しい彼氏って、よくわからないきっかけで機嫌を損ねて大変ですよね。「また怒られちゃうかも・・」とドキドキしている女性も多いはずです。

気難しい彼氏と付き合う時は、彼が一体何に気分を害するのか?彼氏の嫌がるポイントを熟知することが大切です。

恐らくずっと観察していれば、「仕事のことで何か言うと怒り出す」「寝起きは大抵機嫌が悪い」などなど、ある程度傾向がわかってくるはず。そしてそんな怒りのポイントを踏まないようにすれば、彼との付き合いが大分楽になるはずです。

ぜひ彼氏としっかり向き合って、彼氏の嫌がるポイントを探ってみてください。スマホのメモなどに「彼氏に今日こんなことで怒られた」などと記録しておけば、何か見えてくるかもしれませんよ。

3.彼氏の感情に敏感になる

気難しくて、本当に些細なことで気を害する彼氏。そんな彼氏でも、いきなり瞬間的にキレるなんていうことはないはずです。機嫌を損ねる前に、何かしら予兆のようなものがあるはず。

もし彼氏が本格的に機嫌を損ねる前に、その兆候をキャッチできたら、彼氏をフォローして機嫌を直してもらうことができるはずです。

また、気難しい人は、心のどこかで「人から気にかけていてほしい」と願っているものです。ですので、「何か私あなたのこと傷つけちゃったかな?」「会社で嫌なことでもあった?」なんて気遣えば、彼氏も安心してくれるはず。普段から彼氏を気にかけて、感情に敏感になることが大切ですね。

4.甘やかしすぎない

気難しい彼氏と一緒にいると、ついつい機嫌をとりたくなることも多いかと思います。だけど、甘やかしすぎるのは危険です。彼氏が調子に乗って、さらに気分屋になってしまうかもしれません。

気難しい彼氏の要求は、時には理不尽なこともあるはず。そんな時は、「そういうことを言われると嫌だ!」とキッパリ主張することが大切です。彼氏を甘やかすばかりではなく、時には毅然とした態度で接してくださいね。

スポンサーリンク