30代女性が彼氏を振ろうなんて、余程のことがない限り思わないでしょう。しかし、そんな状況に立たされている女性は少なくありません。

どうしよもないクズ男過ぎて別れるか迷っていたり、乗り換え先の男性の目星がついていたり・・。理由は様々ですが、一度冷静になる必要があります。ここで誤った判断をすると取り返しのつかないことになりますからね。

そこで今回は「もう一花咲かせたい!」と30代で別れを決断するか迷っている女性に自問自答してほしいことを紹介していきます。

スポンサーリンク

目先のことだけ考えない

何度も考えたと思いますが、もう一度、目先のことだけ考えてないか?自分の胸に聞いてください。

  • 本当は彼氏と別れない方が幸せになれるのに、現実逃避していないか?
  • 本当は別れるべきクズ男なのに、将来が不安で踏み止まっていないか?

目先と言っても、このように全く相反する状況があります。自分はどちらのパターンなのか?冷静に判断してください。

自分の幼さが原因なら別れるべきではない

もし、あなたが本当は別れない方が幸せになれるのに、自分の幼さなから「もう一花咲かせたい!」なんて現実逃避しているなら踏み止まるべきです。

  • 彼氏の経済力に納得できない
  • 彼氏の顔が気に入らない!もっとイケメンがイイ!
  • 他にもイイ感じの男性がいて乗り換えたい!
  • 昔から結構モテてきたし、もう一度婚活したほうがイイ男と結婚できそう・・

このように理由は様々ですが、全てに共通することは現実逃避です。女の30代を甘く見ていたり、十分幸せなのにプライドから男のスペックにこだわったり・・。こんな心理が働いて彼氏を振ってしまえば、取り返しのつかないことになりますよ。

100点満点の経済力を持つ男性なんて結婚できない

そもそも、彼氏の経済力に満足して結婚できる女性なんて殆どいません。一般的に言われる高収入の男なんて殆どいませんからね。

メディアで紹介されるような平均年収は、全ての労働人口の平均の数字です。既婚している50代の管理職なども入っているため、婚期の若い男性の年収の平均は想像している以上に低いです。

もちろん、大企業で働いている高収入の男性もいますが、そういう男性は、30代の女性が新たに付き合うには壁が高すぎるのが現実です。

多くの場合はすでに結婚していたり、婚約目前の彼女がいます。同じ大企業に勤める女性が、目の前にいる高スペックの男性を見逃すと思いますか?入社してから、すでに取り合いは始まっています。30代女性の出る幕はありません。

スポンサーリンク