人生に3回やってくると言われているモテ期。あなたは何回経験しましたか?もしかしたら、まだ一度も来ていない人もいるかもしれませんね・・。

人生は平等ではありません。何度もモテ期が来る人もいれば、モテ期が全く来ない女性もいます。しかも、このモテ期のサイクルは、どうやら容姿には関係なさそうです。では、一体何が関係しているのか?

今回はモテ期を首を長くして待っている女性のために、意図的にモテ期を起こす方法を紹介します。これを読めば、あなたも多くの素敵な男性から言い寄られるかも!?

スポンサーリンク

モテ期を起こす方程式『数×ウケ×認知』

意図的にモテ期を起こすには、モテ期の本質を理解する必要があります。急に多くの男性からアプローチされるようになるのは偶然ではなく、ちゃんと理由があるのです。まずは下記の方程式を見てください。

数×ウケ×認識=異性からのアプローチ数

これは異性からどれだけモテるのか?大きな3つの理由に分解した式です。この『数・ウケ・認識』の3つのポイント全てが高まったときにモテ期は起こります。別に誰もが人生に3回偶然に起こるものではないのです。

だからと言って、「じゃあ、私には一生こないんだ・・」と落ち込まないでください。確かに、待っているだけでは一度もこない可能性もあります。ただ、この3つのポイントを意図的に高めることができれば、誰でも何回でもモテ期を起こすことができるのも事実です。

あなたは何もしないまま訪れないかもしれないモテ期を待ちますか?それとも、自らモテ期になるように運命を変えますか?ここからは、後者の方のためだけに、3つのポイントを詳しく解説していきます。

異性との接点を増やして確立を上げる

まずは『数』を高める努力をしましょう。数とは、異性との接点のことです。別にデートをする程の親密な男性を増やす必要はありません。ほんの些細なことでもいいので、なるべく多くの男性と関わるようにしてください。

よく一度目のモテ期は学生の頃にくると言われています。これは容姿の問題ではなく、圧倒的な数が理由です。学校という同じコミュニティー内に多くの男性がいます。学校にもよりますが、先輩や後輩も併せると数百人規模になることも珍しくありません。

自分と同い年~上下2歳差までの異性が、この規模で毎日同じ場所に集まる。こんな状況で過ごすことは、人生の中でも決して多くはありませんからね。

もし現在、このような多くの異性と接点を持てるコミュニティーに属していなければ、積極的に新たなコミュニティーに参加するように心がけてください。

婚活パーティーや合コンなどストレートな男女の場より、ランニングサークルなどのスポーツ系や、英会話などの習い事系の方が良質な数を増やすことができるのでお勧めです。人としての出会いの数は、恋愛の数と比例します。数がなければ、どんな美人でもモテ期が訪れることはありません。

男ウケor女ウケのファッションのサイクルで決まる

化粧や髪型や服装は、今まで生きてきて何度も変わっているはずです。これは流行の影響だけでなく、個人の好みの変化も大きな理由です。そしてファッションには、男ウケがいいものと、女ウケがいいものがあります。

スポンサーリンク