「この人、違うな・・」と思って告白を断ったのに、時間が経つと諦めずに再度告白してくる男性っていますよね?諦めきれない気持ちは分かりますが、特別彼が変わった様子もなく、二人の関係も進展していないのに、なぜ断られることが分かっているのに告白するのか不思議ですよね。

今回はそんな振ったのに諦めずに何度も告白してくる男性心理を解説していきます。また、そんなにも自分のことを好きでいてくれるなら付き合うべきか?それとも、お互いのためにも縁を切るべきか?正しい対処法も併せて紹介します。

スポンサーリンク

3タイプの諦めない男性

何度振っても諦めない男性には3タイプいます。まずは下記をご覧ください。

  • 一途で頑張り屋タイプ
  • 気持ちの整理がつかない女々しいタイプ
  • 恐怖のストーカータイプ

この3つのタイプの男性は、それぞれ全く異なる心理が働いて好きな人を諦めようとしません。当然、正しい対処法も変わってきます。それでは順に詳しく紹介していきます。

断る理由がなくなれば付き合うのが正解?

まずは一途で頑張り屋タイプの心理から解説します。こちらのタイプは基本的に長期戦を考えていて、自分がどうして振られたのか?相手はどんな男性が理想で、自分が何を改善すれば付き合えるのか?などを徹底的に考えます。

他の女性には目もくれず、素直で純粋。友達に「もう諦めて他の女の子に行ったら?」何て言われても聞く耳持ちません。だからと言って、周りが見えていないわけでもなく、何も考えずに短い期間で告白することはありません。

片思いしている女性と比較的良好な関係を築いていて、女性の方も「付き合うとなると・・。だけど、人としては好き」と好印象を抱いています。それは男性が相手の女性を困らせるようなことを絶対にしないからです。

このタイプの男性は相手の理想になれるように、努力を継続しながらチャンスをひたすら待ちます。女性側も元々悪い印象がないため、友達から恋愛に発展することは珍しくありません。このタイプの男性なら断る理由がなくなり、タイミングが合えば付き合うのも選択肢として悪くありません。間違いなく大切にされるでしょう。

執着心から諦めない男は完全拒否が一番

先程紹介した頑張り屋さんタイプと一見似ているようですが、全く違うのが気持ちの整理がつかない女々しいタイプです。違いは、全く周りが見えていないのと、付き合える可能性を高める努力をせずに、とにかく短い期間に何度も告白することです。

1か月前に振られたばかりなのに、またすぐに告白してしまう。しかも、今までの回数は3回以上。自分を磨く努力もせず、相手に彼氏や好きな人がいても待たずに猛突進。誰がどう見ても無理なのに、告白さえしていればいつか付き合えると本気で思っているタイプです。

ここまでくると情に訴えかけて泣き落としされているのと同じです。しかも、相手の状況(片思いや彼氏がいる)は関係なし!自分が付き合えればそれで良し。こんな独りよがりの男に纏わりつかれると本当に厄介です。

ただ、このような男性にしてしまうのは、女性にも問題があるケースが多々あります。断ることはしても、何となく気を持たせるような接し方をしたり、「○○くんは、何を言っても私のことが好き」と付き合う気もないのに、チヤホヤされることに気分が良くなっていることがあります。「私モテてるな~」って具合です。

これでは生殺し・・。彼を解放してあげるためにも、「今後付き合うことは絶対にないし、お互いのためにも諦めてほしい。もし次告白したら、友達としても無理!縁を切るからね」と強めに伝えてあげてください。それがお互いのためにです。

スポンサーリンク