別にきっちり数えている訳じゃないけど、3回目のデートが終わっても全く告白してくる気配を感じない・・。これって、私に興味がないってこと?どういうつもりでデートしてるの?

このような煮え切らない男性の態度にモヤモヤしている女性は少なくありません。そんな方のために、今回は3回目のデートが終わっても告白しない男性心理を解説していきます。

スポンサーリンク

本気だからこそ慎重

男性はどうでもいい身体の関係を望むときほど積極的になり、真剣に交際したいと考えている女性に対して慎重になりがちです。この習性を考慮すれば、3回目のデートで何のアクションも起こさないからと言って、脈なしと考えるのは早すぎます。

そもそも、3回目のデートという漠然としたタイミングが目安にされていますが、男性のタイプや二人の関係性によって人それぞれ最適な時期は違います。

元々、慎重な男性が大切に女性のことを考えている場合、どうしてもあと数回デートを重ねて、相手のことを知りたいと思うのは自然なことです。また、確実にOKをもらえる確信がないとアクションを起こせない男性も大勢います。

もし、あなたが気になる男性との3回目のデートで告白されなかったら、次のデートでは「私はOKだよ!」というサインを出せば、急に相手が積極的になるかもしれませんよ。

単なる付き合いか?婚活か?

まだ全然結婚を意識していないのか?適齢期で婚活をしているのか?この違いは、男性の慎重さに大きな影響を与えます。

女性の場合だと、婚活をしているときほど積極的になりがちです。時間を意識しているから当然ですね。しかし、男性は何も意識していないほど、女性に対して積極的です。(気軽にとも言えますが・・)

逆に、「もしかしたら、この女性と結婚することになるかも・・」と思えば思う程、自分の判断が間違っていないか慎重になります。

たとえ男性がまだ結婚を意識していなくても、相手の女性の年齢を考えて「さすがに結婚を意識しないと失礼だよな・・」と思えば、たった3回のデートでは決断できなくなってしまうのです。

マニュアル通りで恥ずかしい

本当は告白したいけど、3回目のデートで告白するのがマニュアル過ぎて、恥ずかしいと思って何もしないケースも考えられます。この場合、男性は積極的に次のデートの約束を取り付けようとするはずです。そして、4回目のデートで告白してくることでしょう。

「そんなこと考える男なんているの?」と思うかもしれませんが、意外と男性は気にします。「つまらない男・・」なんて思われないように気を遣っているのです。

そう考えると、3回目のデートで何らかのアクションがあると広く認知されている昨今では、4回目のデートこそが本当の正念場なのかもしれませんね。

そもそも女として見てないかも・・

ここまで脈ありパターンばかりを紹介してきました。その理由はそれなりに脈がなければ、男性は同じ女性と短期間に3回もデートをしないからです。気もないのに何度も時間を作ってお金を使って・・。そんな男はいません。

スポンサーリンク