ついついお酒を飲みすぎてしまうことは誰にでもありますが、デートの時は勘弁して欲しいですよね?付き合っていれば、まだ仕方ないかなと諦めもつきますが、そうでないなら、一体どうすればいいのか困ってしまいます。

こんな困った男性に対して、「なぜ、大事なデートなのに飲みすぎてしまうの?」と疑問に思っている女性は多いのではないでしょうか?そこで今回はデートで飲みすぎてしまう男性心理を紹介します。

スポンサーリンク

お酒で緊張をほぐそうとしている

デートで飲みすぎてしまう男性心理として、まずこれが挙げられます。特に初デートなら、人見知りな男性はもちろん、そうでなくても緊張している男性は多いです。そんな緊張をほぐそうと、取りあえずお酒を飲んでしまいます。

確かに、緊張している時は多少お酒を飲んだ方が会話も弾みます。ただ、それはそれほど緊張していない場合です。ガチガチに緊張していると酔いが回りにくいので、中々緊張がほぐれることはありません。

また、緊張するとのどが乾きやすくなるため、お酒を飲むペースが上がってしまいます。このように、緊張をほぐそうとしているのに上手くいかず、結果ベロベロになるまで飲んでしまうのです。

少し大胆になりたいから

デートを重ねても中々関係が進展しなくて、「もっと積極的になって欲しいな」と思う男性っていますよね?これは女性がそう思うように、男性も「本当はもっと積極的にいきたい」なんて思っていることは多いです。

  • 手を握りたい
  • キスをしたい
  • 告白したい

確かに、しらふでこれらをする勇気がないなら、お酒の力を借りるしかありません。もちろん、男性も飲みすぎてはいけないことは分かっています。しかし、少し飲んだからと言って、そう簡単に大胆になれるはずもなく、いくとこまで飲んでしまうのです。

気が小さいのか何とも頼りない理由ですが、好きすぎるゆえにこんな思考になることは仕方ない面もあります。酔っぱらうのは確かにマイナスですが、関係を進展させようと色々考えている点は評価してあげたいですね。

大胆になりすぎてしまうのはなぜ?

紹介したように、大胆になるために飲みすぎてしまっても、潰れるだけならまだマシですが、大胆になりすぎてしまう一番最悪なパターンもありますよね?

ムードもなにもなく、強引に迫ってくる姿には恐怖さえ感じてしまい、「始めからこういうつもりで飲んでいたのかな?」と思ってしまいますが、そうではありません。初めから下心があるなら、飲みすぎてしまうことだけは避けるはずです。

もっとも、だからと言って許せるものではありません。飲みすぎると静かになるタイプはいいとして、大胆になるタイプは、またいつ酒癖の悪さが出るか分からないので避けた方が無難です。

会話が楽しくてついつい

デートで飲みすぎてしまうのは、こんな思いからということもあるでしょう。確かに、好きな人と一緒に飲んでいると、楽しくて普段よりお酒が進んでしまいます。

スポンサーリンク